選択された部分を音声で聴くには JavaScript が必要です
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
蒲郡市トップページ > 蒲郡市議会 > 平成22年3月定例会一般質問 録画中継

平成22年3月定例会一般質問 録画中継

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年3月1日更新

録画欄にアイコンのあるものが放映中の録画中継です。録画中継を見るアイコンをクリックしてご覧ください

お使いのインターネット接続環境によっては、ご覧いただけない場合があります


一般質問通告書

質問者

要旨

録画

蒲郡市政クラブ
鈴木八重久
1 平成22年度予算大綱について
(1)平成22年度の財政状況について
 ア 市税を始めとする財源の確保
 イ 税の収納率の向上
(2)効率的な行政運営の推進について
 ア 職員数の適正化
 イ 行政運営における事務の広域連携への取り組み
(3)競艇事業について
 ア 売上げ向上への取り組み及び場外発売所の支援
 イ 法定交納付金の見直しへの取り組み
 ウ 効率的な施設改善に向けて
(4)市民病院の健全運営について
 ア 医師の確保及び勤務医の負担軽減への取り組み
 イ 病診連携への取り組み
(5)福祉の充実について
 ア 次世代子育ての支援
 イ 子ども手当の取り組み
 ウ 保育サービスの充実
 エ 高齢者割引タクシー制度への取り組み
(6)災害に強いまちづくりについて
 ア 学校施設の耐震整備
 イ 高潮対策への取り組み
 ウ 避難場所の充実
(7)新消防庁舎移転に伴う消防体制の充実について
(8)名鉄西尾・蒲郡線の存続について
(9)設楽ダムの建設促進について
(10)産業振興について
 ア 観光の振興
 イ 農業の振興
 ウ 企業誘致への取り組み
 エ オレンジロード無料化早期実現への取り組み
(11)都市基盤整備について
 ア 国道23号を始めとする幹線道路の整備促進の取り組み
 イ 区画整理事業の整備促進
 ウ -11m岸壁の整備促進の取り組み
 エ 公共下水道事業の整備促進
(12)学校教育における特別支援教育の充実について
録画中継を見る
3月3日
113分
蒲郡未来の会
荘田博己
1 平成22年度予算大綱について
(1)政権交代で蒲郡市行政は、何がどう変わるのか。新年度予算への影響について
(2)民主党政権の医療行政改革で公立病院はどうなるのか。市民病院経営の展望について
(3)競艇収益に頼らない「自立した財政運営」「行財政改革」について
 ア 多額の競艇繰入、基金の取り崩し、市債発行について
 イ 集中改革プランの見直しについて
 ウ 蒲郡版「事業仕分け」の必要性について
(4)少子化(子育て支援)対策について
 ア 子ども手当について
 イ 保育園民営化について
ウ 子育て支援施策の充実について
(5)高齢者が安心して暮らせる介護・医療について
 ア 実質的(介護施設)の待機状況について
 イ 介護職員の待遇改善について
 ウ 今後の療養病床の推移について
(6)商工業、観光、農業、水産業への支援施策について
(7)駅前整備と区画整理について
(8)蒲郡市から国への「要望」「陳情」について
録画中継を見る
3月3日
76分
公明党
蒲郡市議団
伊藤勝美
1 平成22年度予算大綱について
(1)初めのキーワードは、「安心」です。市民が本当に「安心」して暮らして頂けるにはとの観点からお聞きします。
 ア 地域自殺対策緊急強化事業について
 (ア)自殺者の現状と今後の事業展開について
 イ 発達障害について、市民福祉部・教育委員会の視点から
 (ア)発達障害の現状と取り組みについて
 (イ)具体的に、早期発見と早期支援について
 (ウ)啓発活動と相談体制について
 (エ)連携強化について
 ウ 防災対策事業について
 (ア)民間木造住宅耐震シェルター設置事業補助金について
 (イ)家具転倒防止器具設置事業について
 (ウ)河川、排水路対策について
(2)次のキーワードは、「自然」です。市民の皆さんに「自然と共生するまち」であると生活の中で実感して頂くには、どうするのか。また、市民と行政とが、どのように共助していくのかとの観点からお聞きします。
 ア 浄化センター整備事業について
 (ア)同センターの役割と平成22年度整備計画について
 (イ)経常経費の削減について
 イ 里山林整備事業について
 (ア)目的と事業内容について
 (イ)行政と地域団体の具体的な役割分担について
(3)最後のキーワードは、「元気」です。市民の皆さんが、この施策があれば、私も皆も明るくなる元気になると言って頂ける。そのための観点からお聞きします。
 ア 労働対策事業について
 (ア)緊急雇用創出事業の現状と取り組みについて
 (イ)ふるさと雇用再生事業の現状と取り組みについて
録画中継を見る
3月3日
61分
日本共産党
蒲郡市議団
柴田安彦
1 2010年度予算大綱について
(1)政府予算の評価と地方財政について
 民主党を中心とする政権による初の政府予算案が明らかにされた。経済危機から国民の暮らしをまもるため、従来型の予算からの抜本的な転換が求められている。どう評価しているか。また地方への影響と国に求めるべき点について伺う。
(2)次期総合計画の視点について
 道州制、地方と国の行政責任に対する認識と対応について伺う。
(3)子育て支援と保育行政について
 保育園の民営化を保育ニーズの高まりに対応するためとしている。政府の動きと保育のあり方について伺う。
(4)医師、看護師確保と病院経営について
 診療体制の縮小状況は続いているとしている。地域医療再生計画と蒲郡市の対応について伺う。
(5)渇水に強いまちづくりについて
 住民の協力と水資源の有効活用をはかり、雨乞いとダム乞いの水政策からの脱却を求める。
(6)区画整理について
 中部区画整理及び羽栗池東区画整理のすすめ方について
録画中継を見る
3月3日
90分
松本昌成
1 脳脊髄液減少症について
(1)市民病院における受け入れ体制について
 ア 市民病院の認知度について
 イ 診療が可能な病院としての対応について
(2)知識の普及啓発について
(3)相談窓口の設置について
(4)国への保険適用実現に向けた働きかけについて
(5)教育現場における対応について
 ア 児童生徒の現状と学校の対応について
 イ 教育委員会主催の周知・啓発について
2 読書環境の向上について
(1)図書館の指定管理における評価について
 ア 現状の評価について
 イ 指定管理者評価制度について
(2)図書館の充実について
(3)子ども読書活動推進計画の改定について
 ア 計画の推進状況について
 イ 課題への取り組みについて
 ウ 計画の改定について
(4)学校図書室の充実について
(5)国民読書年への取り組みについて
録画中継を見る
3月4日
72分
大向正義
1 協働のまちづくりについて
(1)協働まちづくり企画公募事業等について
(2)(財)民間都市開発推進機構の住民参加型まちづくりファンドについて
(3)協働のまちづくりの人材育成について
(4)市の各部における行政と市民との協働のまちづくりについて
(5)市民まちづくり大学について
(6)がまごおり協働まちづくり基金条例の設置について
2 蒲郡市の総合地域交通体系について
(1)まるごと赤い電車応援団について
(2)名鉄西尾・蒲郡線対策協議会・幹事会・ワーキング部会について
(3)名鉄西尾・蒲郡線の輸送量と赤字について
(4)名鉄西尾・蒲郡線の存続と支援方策について
(5)バス等による代替案について
(6)高齢者の足確保事業について
(7)蒲郡市の総合地域交通体系について
3 蒲郡市医師会の委託費不正受給について
(1)第10回「弁論準備手続き」について
(2)第11回「弁論準備手続き」について
(3)裁判の今後について
(4)平成19年度・平成20年度と平成21年度の医師会委託費の精算について
(5)市長・副市長・職員等の懲戒処分について
(6)医師会の現状について
録画中継を見る
3月4日
87分
日恵野佳代
1 経済危機から暮らしを守り、地域経済の活性化を図るために
(1)経済危機が蒲郡に与えた影響と今後の見通しについて見解を伺います。
(2)内需拡大のために地域経済振興と雇用拡大に市はどう取り組むのか、伺います。
(3)中小零細企業の資金繰り支援について
(4)仕事おこしとしての「住宅リフォーム」助成事業について
(5)工場の家賃や機械のリース代など固定経費の直接支援について
2 お年寄りの暮らしやすい世の中に
(1)介護保険制度が始まってから介護疲れによる心中事件などは全国で400件、蒲郡でも介護サービスを利用していたお年寄りの事件が起きています。
 蒲郡で、このようなことを繰り返さないために、どのような介護サービスや支援が必要か、見解を伺います。
(2)介護サービスの充実について
(3)要介護度の認定について
(4)介護職員の処遇改善について
(5)保険料・利用料の軽減について
(6)後期高齢者医療制度の負担軽減および廃止について
(7)75歳以上の医療費の無料化について
録画中継を見る
3月4日
83分
新実祥悟
1 蒲郡市の行・財政改革について
(1)蒲郡市集中改革プランについて
 ア 達成・未達成事項について
 イ 成果について
 ウ 次期計画策定について
2 蒲郡市の教育方針について
(1)来年度(平成22年度)の生徒・児童数の状況について
 ア 生徒・児童数の状況について
 イ クラス数の状況について
(2)子どもと保護者への対応について
 ア 担任と保護者・子どものかかわりについて
 イ 給食費滞納者への収納方法について
 ウ 子どもへの影響と保護について
(3)教職員数の推移と今後について
 ア 推移について
 イ 市の単独雇用について
 ウ 今後について
(4)ゆとり教育の見直しについて
 ア 見直しのポイントについて
 イ 英語教育について
(5)特質ある部活動(中学校)について
(6)教育方針について
録画中継を見る
3月4日
75分