選択された部分を音声で聴くには JavaScript が必要です
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
蒲郡市トップページ > 蒲郡市保健医療センター > 受動喫煙防止対策(7月1日から学校、病院、児童福祉施設、行政機関庁舎が敷地内禁煙になります)

受動喫煙防止対策(7月1日から学校、病院、児童福祉施設、行政機関庁舎が敷地内禁煙になります)

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年7月1日更新

 望まない受動喫煙を防止するため、平成30年7月25日に健康増進法の一部を改正する法律が公布され、令和元年7月1日に一部施行、令和2年4月1日より全面施行となります。 

令和元年7月1日から蒲郡市は受動喫煙防止対策を実施します!

 7月1日からの健康増進法の一部を改正する法律の一部施行により、受動喫煙による健康被害が大きい子どもや患者等に配慮する観点から、学校や病院、児童福祉施設などの子どもや患者等が主たる利用者となる施設や、行政機関の庁舎等の施設は敷地内禁煙となります。

 市が所有または管理する施設で、今回の法施行の対象となる施設は、敷地内禁煙とします。現在、喫煙場所が設置されている施設においては喫煙場所を撤去します。

 
該当する市の施設
市役所本庁舎、市立小・中学校、ソフィア看護専門学校、市民病院、保健医療センター、勤労福祉会館、浜町福祉センター、保育園、子育て支援センター、児童発達支援センター、児童館、児童遊園地、消防署、消防署出張所(東部・西部)

 上記の敷地内禁煙とされる施設には、「敷地内禁煙」の表示を掲示します。

   「敷地内禁煙」の表示 [PDFファイル/78KB]

健康増進法の一部を改正する法律全面施行のスケジュール

 施設等の類型・場所に応じ、施行に必要な準備期間を考慮して、令和2年東京オリンピック・パラリンピックまでに段階的に施行する予定です。

 健康増進法の一部を改正する法律全面施行のスケジュール

受動喫煙防止対策

望まない受動喫煙を防止するための法律・制度

喫煙及び受動喫煙による健康への影響

多数の人が利用する施設等における喫煙の禁止

職場における受動喫煙防止対策

職場における受動喫煙防止対策

禁煙推進対策

禁煙を希望する方へのサポート事業

禁煙を希望する方への情報


AdobeReaderPDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Reader(無償配布)が必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、ダウンロードしてご覧ください。