選択された部分を音声で聴くには JavaScript が必要です
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
蒲郡市トップページ > 蒲郡市博物館 > 蒲郡市博物館 常設展示

蒲郡市博物館 常設展示

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年3月31日更新

展示室名をクリックすると、ご案内が表示されます。
部屋をクリックして下さい ギャラリー特別展示室・灯火具コレクション歴史展示室民俗展示室

特別展示室歴史展示室民俗展示室ギャラリー屋外展示

特別展示室

企画展を行っていない期間は、常設展として「灯火具コレクション」「岡本ケイ吾コレクション」を展示しています。

灯火具コレクション

特別展示室のようす

江戸・明治時代の灯火具のコレクションです。郷土史研究家であった故岸間芳松氏の遺志により、寄贈された約500点を中心に、約800点を収蔵しています。
電灯が普及するまでの民俗文化をさぐる貴重な資料です。

  • 秉燭(ひょうそく)
  • ねずみ短檠(たんけい)
  • 行灯(あんどん)
  • 燭台(しょくだい) など 

    It is collection of the light tool in Edo and Meiji times.
    Mr.kisima who was the scholar of the history in the hometown collected these.
    Our museum has about 800, in about 500 are by the contribution of him.
    This collection has hyosoku, andon,candlestick, lamp and so on.
    It was used until the electric light spread.

    「灯火具コレクション」解説をみる

    岡本ケイ吾コレクション(※「ケイ」は「金」偏に「圭」)

    印花文骨壺

    日本はもとより、朝鮮・中国・インドなど広い範囲の古美術・民俗資料のコレクションです。
    蒲郡出身の岡本ケイ吾氏が長年にわたって収集されたものです。

    「岡本ケイ吾コレクション」解説をみる 

    ※特別展示室で企画展を開催する期間およびその前後数日は、展示入替のため、ご覧いただけないことがあります。

    歴史展示室

    歴史展示室のようす

    紀元前6500年頃から昭和に至るまでの市域の歴史について紹介しています。
    市内の遺跡からの出土品、江戸時代の古文書などを展示しています。

  • 形原遺跡(縄文時代)、赤日子遺跡(弥生時代)、馬乗2号墳(古墳時代)他の出土品
  • 勝善寺 梵鐘〔国指定〕
  • 安楽寺 阿弥陀如来立像〔市指定〕 など

     

    It is introducing about the history in the municipal area from B.C.6500 to Showa period.
    It displays article of being unearthed from the site in the city, an ancient writing book in Edo times and so on.

     民俗展示室

    民俗展示室のようす

    昔の生活の道具を紹介しています。
    半世紀ほど前の塩づくりの道具、数十年前まで使われていた日常の生活道具、特別な行事の時の道具などがあります。
    また、綿織物をつくる過程も展示しています。

  • ズリマンガ
  • チャンカラ織機
  • 唐箕(とうみ) など

    It is introducing the implement of the life in the past. There are some implements. Tools of Making salt, daily used implements until tens of years before, in case of the celebration and anniversary and so on. Also, it displays the process of making a cotton textile, too.

    ギャラリー

    ギャラリーのようす

    博物館主催の企画展、市の各種行事などが催されます。
    市民個人やグループの作品発表の場としてご利用いただけます。(有料)
    詳しくは下記の利用案内をご覧下さい。

    ※催しものがない時は閉められています。

    屋外展示

      正面から見たD51201

      蒲郡市内で唯一確認されている方墳・馬乗(まのり)2号墳〔復元移築〕や、SL(D51201)があります。
      どちらも開館時間中は、内部を自由にご見学いただけます。
      この他、道標や高麗門(竹谷松平氏大手門)などがあります。
      梅雨時には、芝生に植えられたシャラの花が見頃です。

      ※ 毎月第1日曜日の午前中にSL清掃保全作業(ワックス塗装)を行うため、SLの客車内は大変滑りやすい状態になります。
      このため、清掃終了後3、4日は基本的に内部についてはご見学いただけません。ご了承ください。
      塗装されたワックスが、衣服や体に付くおそれがありますので、見学の際はご注意ください。

       

      SL関連行事

    • SL写生大会 / 5月5日(祝日)のこどもの日(雨天時は次の日曜日) 午前10時から午後3時
      【参加費】 無料
      【対象】 どなたでもご参加いただけます。
      画用紙は当日受付でお渡しします。
      画材は自由です。お好きな画材を持ってきてお描きください。
      6月半ば頃に、ギャラリーで作品の展示をします。展示終了後、ご希望の方には作品をお返しします。
    • SL写真とミニチュア機関車展 / 9月中頃