選択された部分を音声で聴くには JavaScript が必要です
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
#

違法な不用品回収業者に注意

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年2月28日更新

違法な不用品回収業者で処分していませんか?

 家庭から出るごみは「家庭系一般廃棄物」です。

 この家庭系一般廃棄物を収集・運搬・処分するには、廃棄物の処理及び清掃に関する法律に基づく「一般廃棄物処理業の許可」が必要です。古物商許可や産業廃棄物許可、貨物運送事業の許可のみでは一般廃棄物を収集・運搬・処分することはできません。

 よく見かけるトラックや空地での不用品回収、ポストに投函される不用品回収チラシ。そのほとんどが無許可の違法業者です。

なぜ違法な不用品回収業者に依頼してはいけないのか

違法な不用品回収業者が回収した家電製品は、適正にリサイクルされているかどうか確認することができません。家電製品は、フロンや鉛、砒素といった有害物質を含んでいるため、適切なリサイクルが必要であることから、処理の方法が特別に定められています。
不用品回収業者による不適切処理が原因で、国内外で環境汚染や健康被害が起きているという事案が多発し問題となっています。

使用済のリサイクル家電(エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機)については、家電リサイクル法により、メーカー等にリサイクルをする義務が課せられており、また、消費者は適切なリサイクルに協力することとされています。

不用品回収業者の中には、無料といいながら実際には高額な料金を請求してきたり、
お金を払ってごみを引き取ってもらったのに、不法投棄されていたという事例もあります。

無許可業者に委託した者は

「5年以下の懲役若しくは1000万円の罰金またはこの併科」と罰則対象です。

まだ使用できる家電製品を廃棄せずに使ってもらいたい場合

リユース(再使用)を依頼する場合は、中古家電の販売店など、古物商の許可を有し、信用できる業者に中古買取を依頼してください。気になる場合は、業者に古物商の許可証を提示してもらうようにしましょう。

ただし、違法に一般廃棄物を収集運搬や処分している不用品回収業者の中にも、古物商の許可を有しているものは一部存在するので注意してください。

許可を受けた正規の業者を探す方法

 きちんと許可を持っている業者を探すには市町村や県に問い合わせたり、市町村のホームページで許可業者の一覧を確認することが確実です。

 家庭生活から発生した家庭系一般廃棄物や事業活動から発生した事業系一般廃棄物の処理ができるのは各市町村から許可を受けている一般廃棄物収集運搬業者一般廃棄物処分業者です。

 事業活動から発生した廃棄物のうち、産業廃棄物の処理ができるのは都道府県知事[政令市(指定都市・中核市)はその長]から許可を受けている産業廃棄物処理業者です。

 リンク先より許可を受けている業者を検索できますのでご利用ください。