選択された部分を音声で聴くには JavaScript が必要です
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
#

一般廃棄物処分業について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月1日更新

一般廃棄物処分業とは

一般廃棄物処理業のうち、処分業をさします。

市有の処理施設では処理できないものを含む一般廃棄物の処理を行い、中間処理及び最終処分が含まれます。

市の一般廃棄物処理計画に従って業務を行い、
市区町村が許可を出しています。

受入可能な品目は業者ごとに異なりますので事前に確認のうえ、搬入してください。

新規に一般廃棄物処分業の許可申請をする場合

 愛知県内(名古屋市、豊橋市、岡崎市及び豊田市を除く)で一般廃棄物の処理施設を設置しようとする場合は、愛知県知事の一般廃棄物の処理施設の設置許可が必要な場合があります。

詳しくは、東三河総局 県民環境部環境保全課 〒440-8515 豊橋市八町通5-4 Tel0532-54-5111 にお問い合わせください。

対象となる一般廃棄物処理施設は以下のとおりです。

  • ごみ処理施設:処理能力5t/日以上。ただし、焼却施設にあっては、処理能力200kg/時間以上又は火格子面積2m2以上。
  • し尿処理施設(浄化槽を除く。)
  • 最終処分場

愛知県より一般廃棄物の処理施設の設置許可を受けましたら、蒲郡市環境清掃課にご連絡ください。

既に許可を受けている一般廃棄物処分業者様へ

一般廃棄物処分業の許可を受けた業者は、毎月分の処分量の実績を翌月の15日までに一般廃棄物処分業実績報告書で報告してください。

一般廃棄物処分業許可の更新、許可期間中の申請事項の変更、許可証紛失により再発行申請をする際は、下記の様式への記入したものと添付書類を環境清掃課窓口(クリーンセンター事務室)に提出してください。

届出書の様式は下記からダウンロードして印刷するか、環境清掃課窓口(クリーンセンター窓口)においてあるものをお使いください。

申請・届出書様式

許可の(更新)申請

許可期間は2年間です、更新する際は許可期限前に一般廃棄物処分業許可(更新)申請書を正本・副本 合計2部提出して下さい。副本については許可書を渡す際に返却します。

正本には【住民票の写し又は履歴事項全部証明書及び定款、身分証明書、未納の無い証明書(納税証明書)】が必要ですが、副本についてはそれらのコピーの添付で結構です。

一般廃棄物収集運搬業許可申請や浄化槽清掃業許可申請を同時に行う場合については、どれか1つの申請書に1セット【住民票の写しまたは履歴事項全部証明書及び定款、身分証明書、未納の無い証明書(納税証明書)】を添付していただければ、後は全てコピーの添付で結構です。

・提出部数   正本・副本 合計2部

・手数料  5,000円  納付書を送付するので金融機関でお支払ください。

 納付を確認しだい電話連絡をしますので、許可証をクリーンセンターに受け取りに来てください。

 →許可申請書様式

      リンク先に申請書等様式があります。

事業範囲の変更

収集地域の変更・収集運搬物の種類変更があった際は、変更のあった日から10日以内に範囲変更許可申請書を提出してください。

・提出部数   1部

・手数料  2,500円   納付書を送付するので金融機関でお支払ください。

 納付を確認しだい電話連絡をしますので、許可証をクリーンセンターに受け取りに来てください。

 →処分業範囲変更許可申請書様式

           リンク先に申請書等様式があります。

事業の全部廃止・一部廃止・変更

許可期間内に事業の全部廃止、一部廃止を行う際は廃止のあった日から10日以内に届出書を提出してください。

その他、車両台数変更、社名変更、所在地変更などの申請事項に変更があった際は変更のあった日から10日以内に届出書を提出してください。

・提出部数   1部

・手数料なし

 →処分業事業全部廃止・一部廃止・変更届出書様式

                リンク先に申請書等様式があります。

再交付申請

許可期間中に許可証を紛失した場合は、再交付申請をしてください。

・提出部数   1部

・手数料なし

 →再交付申請書様式

         リンク先に申請書等様式があります。


AdobeReaderPDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Reader(無償配布)が必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、ダウンロードしてご覧ください。