選択された部分を音声で聴くには JavaScript が必要です
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
蒲郡市トップページ > 竹島水族館 > 写真で見るたけすいのアシカ

写真で見るたけすいのアシカ

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年8月27日更新

たけすいのアシカの歴史

竹島水族館のヒーロー、アシカの歴史は1969年に始まるようです。

記録を見ると、1969年に「アシカプール完成」とあります。

アシカの島

当時はアシカプールではなくて「アシカの島」という名前だったようです。

アシカの特訓

アシカの島では毎日特訓がおこなわれていたようです。

「まだ上手ではないがアシカらず」という看板が見えます。

驚くべきことは「2頭のアシカ」が1人のトレーナーによって特訓されていること。

一人で2頭やるのは当時は難しかったと思われます。

チビと小林さん

伝説の初代アシカ担当「アシカのお兄さん」ならぬ「アシカのおじさん」

小林さんというこの方はもともと市役所の方だったらしく、「なぜオレがアシカなんて!」

っとあまり乗り気ではなかったようですが、そのトレーニングの腕前と情熱はすごかったようです。

アシカの曲芸

旧アシカショー

アシカのおじさんによるアシカショー。当時はアシカの曲芸と呼んでいたらしいです。

開催時間は特に決まっておらず、美人なお客さんが来ると突然ショーが始まったといわれています。

ショーをしているアシカは初代アシカ「チビ」です。

小林おじさんによるアシカのチビの「皿回しの曲芸」は大人気だったようです。

ウミガメとアシカ

保護された?ウミガメは水槽がなくてアシカと同居。

ナナ ラック

1992年「ナナ」と「ラック」がやってきました!

トレーナーは他県の水族館で研修修行をしてきた現副館長の松野が担当し、現在のアシカショー形式のショーを組立てていきました。

ナナ2ラック2

ナナは美人アシカに育ち、トップスターに、

ラックは来館当時からよく松野に噛みつき、毎日松野副館長は大きな負傷をして病院に通いました。

ナナと松野副館長

ナナと松野副館長によるい絶妙なタッグによるショーはお客さんを釘づけにしました。

ai

2006年、アイがやってきました。現在ショーで活躍中のアイは来館当初からマイペース。

毎日あまりやる気もなくて眠たげ。ショーデビューまでは忍耐の日々でしたが、

2歳半という若すぎる年齢で見事にショーデビューしました。現在も大活躍!

アイ2

アイの大胆で物怖じしない性格から、チビッコ参加のアシカショーや

年間パスポート特典の一緒に写真撮影など、ショー以外にもアイは活躍しています!

ラブ

2011年、南米のチリよりアシカの仲間「オタリア」の「ラブ」入館!

オタリアは初めての飼育、しかもこれまた初めての野生のアシカ。

恐怖に怯えたトレーナーは必至でトレーニングをし、全員噛まれました。

現在、順調に成長し、ショーにて大活躍中です!