選択された部分を音声で聴くには JavaScript が必要です
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
蒲郡市トップページ > 竹島水族館 > カピバラ赤ちゃんの名前と今後について

カピバラ赤ちゃんの名前と今後について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月17日更新

カピバラの赤ちゃんの名前が決まりました。

耐震工事にて岡崎市東公園動物園へ引っ越ししていたカピバラの

「たいよう(オス)」と「そら(メス)」間に引っ越し先の東公園動物園にて

9月10日に2匹の赤ちゃんが産まれました。

オスとメスの2匹の赤ちゃんです。

担当飼育員が、

オスは「しずく」、メスは「もみじ」

と名付けました。すくすくと元気に成長中です。

 カピバラの今後について

赤ちゃんは乳離れしてとても健康で、成長は非常に早く

また東公園動物園に飼育展示スペースがあるため、

「しずく」と「もみじ」の2頭は今後、岡崎市東公園動物園にて継続して飼育展示をします。

非常に良好な成長にしたがい親が子(特にオス)に攻撃をする可能性、

水族館での将来的な飼育スペースの問題等様々なことを考慮して水族館と動物園双方で決定しました。

「たいよう」と「そら」は竹島水族館へ帰り、元旦より展示、ショーの再開を予定しております。