選択された部分を音声で聴くには JavaScript が必要です
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

利用案内

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年8月22日更新

このページは本の貸し出しなど、利用のご案内です。図書館の概要については「図書館の紹介」のページをご覧ください。

蒲郡市立図書館外観
住所
〒443-0041 蒲郡市宮成町1-1  アクセス(地図)
電話
0533-69-3706
開館時間
午前9時から午後7時
休館日
・月曜日(祝日の場合は開館)
・館内整理日=毎月、最後の月曜日以外の平日
・年末年始(12月28日から1月3日)
・特別図書整理期間(9月21日から29日)

利用案内サブメニュー

館内でお配りしているご利用案内をご覧いただけます。いずれもPDFデータです。

初めての方は・・・

はじめまして、ようこそ図書館へ。館内では書棚の本など、自由に手にとってご覧いただけます。閲覧席や椅子もご利用ください。(試験期間中など一部制限のある場合もございます。)資料の貸し出しをする場合は、図書利用カードが必要です。カウンターの職員にお気軽にお問い合わせください。

カードを作ることができる方

  • 蒲郡市に在住・在勤・在学の方
  • 東三河全域(豊橋市・豊川市・田原市・新城市・北設楽郡)にお住まいの方
  • 蒲郡市に隣接する市町村(幸田町・西尾市・岡崎市)にお住まいの方

カードを作るには

  • 現住所を確認できるもの(免許証・保険証・学生証など)をお持ち下さい。その場でカードをお作りします。
  • 幼児・小学生の方は保護者の方が記入して下さい。

利用者登録に関してご不明な点は、遠慮なくご相談ください。

※図書館分室でも作れます。→分室のご案内はこちら(図書館分室のご案内

 図書利用カードには個人情報が入っています。なくさないように大切にしましょう。
万一、利用カードをなくしたときは、再発行できます。詳しくはこちら(再発行)をごらんください。

※ご存知ですか?
蒲郡市立図書館の図書利用カードは絵本「14ひきのせんたく」の中の一場面(ごうくんとなっちゃんが笹舟で川遊びをしているところ)が使われた、とてもかわいいカードです。(いわむらかずお絵本の丘美術館のページはこちらから

登録内容に変更のある方は・・・

苗字・住所・電話番号などが変更になった方は、カウンターにてお申し出ください。変更届の記入と、変更事項の確認ができるもの(免許証など)の提示をお願いします。
また、遠方(カードを作ることができる地域以外)へ引越しされる方は、貸出中の資料があればお持ちいただき、カウンターにてお申し出ください。返却手続と、カードの回収をさせていただきます。来館できない方は、電話にてご連絡ください。貸出資料や予約資料の有無を確認し、カードの登録を取り消しさせていただきます。お手元のカードはハサミで切るなどして破棄してください。

 △このページのトップへ

借りるときは・・・

1度に1人5冊の本と5点のCD・カセット・ビデオ・DVD(ビデオ・DVDは2本まで)、紙芝居を5つまで、2週間借りることができます。借りたい資料を図書利用カードと一緒にカウンターにお持ちください。

※貸し出しの延長は1度のみです。2週間の期限を延長したい場合は、その資料を図書利用カードと一緒にカウンターまでお持ちください。ただし、予約の入っている資料の場合は予約者を優先し、延長はお断りし、ご返却いただきます。相互貸借資料(他の図書館から当館が借り受けた資料)も、申し訳ありませんが延長はお断りしております。

利用カードを忘れたとき

カウンターで貸し出し手続きをしようとして、利用カードを忘れて来たことに気付いたとき…。大丈夫、借りていただけます。所定の用紙がカウンターにありますので、その用紙に必要事項を記入し、借りたい資料と一緒にカウンターにお出しください。コンピューターで利用登録を確認の上、貸し出しの手続きをさせていただきます。(できるだけ利用カードは忘れずにお持ちください。)  

利用カードをなくしたとき(再発行)

利用カードをなくしてしまった場合、再発行をすることができます。カウンターに届け出ていただき、所定の手続きが必要です。手続きをしてから、一ヵ月後に新しいカードをお渡しできます。(一ヵ月間は探していただく期間を設けています。)
個人情報の含まれる利用カードは、数が増えれば増えるほど、悪用されても気付かないというケースを招きかねません。まずは、身の回りを探してみていただくようお願いします。

返すときは・・・

返却の際は図書利用カードは必要ありません。借りた資料をカウンターまでお持ちください。

本を返しに来たときに図書館が閉まっていたら、正面玄関右側の夜間返却ポストにいれてください。(ただし、CD・ビデオ・DVD・カセットはケースが壊れやすいのと、中身の確認のため、直接カウンターでご返却いただけるようお願いします。)
開館時間にお越しの場合は、必ずカウンターで返却してください。

延滞のある方は返却されるまで、貸出(継続貸出含む)・予約申込はできません。返却期限を守りましょう。

事情で返却が遅れた場合は、できるだけ早目にカウンターにてご返却ください。→「未返却資料の督促について」はこちらをご覧ください。

△このページのトップへ

資料を探すときは・・・

本やCD・DVD・ビデオなどの探し方をご案内します。

案内図で探す

図書館2階の利用者コンピューターの所に、館内の案内図がありますので、ご利用ください。

利用者コンピューターで探す

1階、2階にある利用者コンピューターで、書名・著者名・キーワードなどから調べることができます。
また、『新着資料を見る』ボタンを押すと、最近蔵書になった資料の一覧がみられます。
過去の特集もご覧いただけます。

カウンターの係員にたずねる

調べ物のお手伝い(レファレンス)もいたします。お気軽に声をおかけください。レファレンス専用カウンターも2階一般室にあります。ご活用ください。

自宅で探す

このホームページからでも検索できます。(図書館トップから蔵書検索のページへ) 時間差で貸し出されてしまうこともありますが、ご活用ください。

未返却資料の督促について

図書館で借りた資料(本・CD・ビデオ・DVD・紙芝居等)を再度の督促にも関わらず、返却日より3ヶ月以上過ぎても、返却されない場合は貸し出し手続きを受けられなくなります。

※借りている資料をすべて返却していただきますと、再び借りられるようになります。

貸し出しの際、資料名・返却期限などを記載したレシートが出ます。(このレシートは返却の際特に必要はありません。お客様の覚えとしてお持ちください。)返却期限を毎回確認して、期日までに必ずお返しください。事情があって期限を過ぎてしまった場合は、早目にご返却ください。

図書館が閉まっている間は、正面玄関右の返却ポストをご利用いただけます。
だだし、ビデオ・CDなどは、中身の確認をさせていただきますので、必ずカウンターへお持ちください。
本館が遠い方は、お近くの分室へご返却いただいても結構です。

本を汚したりなくしたとき…

お子さまと一緒に読んでいるとき、ちょっと目を離した隙に…、というお申し出は、実は結構な数があります。本を破ってしまった時は、家庭用の修理用品(セロハンテープ・のりなど)で修理はしないようお願いします。図書館の資料は長期間保管され、次世代へと引き継がれていくものです。家庭用の修理用品は長期保管には向いておらず、図書館では専用の修理用品を使って修理しています。
もし、図書館で借りた本などを破ったりしてしまった場合、何もせずにそのまま図書館にお持ちください。お持ちいただいた本などの状態がひどく、修理不可能な場合(下の写真は一例です)は、賠償をしていただくこともありますが、その場合はカウンターで所定の手続きの上、依頼をしますので、一度、カウンターまでお持ちください。(古い本やCD・ビデオなど、もともと状態が良くなかった場合もお申し出ください。)
借りた本などをなくしてしまったときは、賠償をしていただきます。その場合もカウンターで所定の手続きが必要です。お申し出ください。
※ご返却の際、カウンターにて、本などの状態をお尋ねすることがあります。お手数をおかけしますが、ご協力をお願いいたします。

かじり
ページが傷つけられています
シミ
汚れて染みになっています
シミ
汚れています
水濡れ
濡れて波打っています
破れ
破れています
書き込み
書き込みされています

図書館資料の賠償について<蒲郡市立図書館> (PDFファイル/515KB)もお読みください。

いろいろなサービス・・・

予約・リクエスト、レファレンス、コピーサービスなど、お客様のニーズに応えるよう様々なサービスをご提供させていただいております。詳しくは「いろいろなサービス」のページをご覧ください。

★図書館の資料はみなさんの共有財産です。大切に取り扱っていただくようお願いいたします。★

図書館の資料の利用はすべて無料です。
図書館は、コンピューターシステムで貸出・返却・蔵書の管理などをしています。図書の利用の際には必要最小限の情報がコンピューターに入力されますが、図書返却後に貸出記録が消去されるなど、利用上の秘密を守るため利用者の「プライバシー保護」の処置を講じています。


AdobeReaderPDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Reader(無償配布)が必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、ダウンロードしてご覧ください。