選択された部分を音声で聴くには JavaScript が必要です
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
がまごおりミュージアム通信
海辺の3館ニュース・海辺の3館通信

海辺の3館

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

がまごおり海辺の3館は、蒲郡の海辺に建つ3つの館、蒲郡市博物館、竹島水族館、生命の海科学館が発信する情報コンテンツです。

蒲郡にまつわるこぼれ話や各館のとっておき情報、イベントのお知らせなどを、がまごおりミュージアム通信(メールマガジン)や海辺の3館ニュース・海辺の3館通信(学校向けポスター)で折々にお伝えしてまいります。

蒲郡市博物館

蒲郡市博物館 蒲郡市博物館では、『蒲郡』の先人たちが遺した文化を、主に市民の皆さんから寄贈された資料を通してご紹介しています。
かつて地元で盛んに行われた製塩・綿織物関係の民俗資料、地元の遺跡からの出土土器をはじめとする歴史資料などがあります。また、国内外の資料およそ1000点からなる「灯火具コレクション」は、一見地味ながら、国指定有形民俗文化財178点を含む、全国でも有数のコレクションです。
 広さ180平方メートルのギャラリーは、当館企画展の他、「春の文協まつり」「市民文化祭」など、市民の皆さんの作品発表の場としてご利用いただいています。
 屋外には、デゴイチの名前で親しまれた蒸気機関車D51 201と客車、現愛知工科大学敷地内から移築復元された古墳などがあり、内部を自由に見学できます。

竹島水族館

竹島水族館 竹島水族館は、淡水・海水の生き物450種以上の種数と、間近で見ることのできる愉快なアシカショーが魅力の水族館です。
 1年を通して、特別展・企画展、裏側見学会や磯観察会などのイベントも盛りだくさんで行っており、大人から小さな子までたっぷりと、ゆっくり楽しむことができます。また、ホームページでは、飼育スタッフ5名による水族館や生き物のできごとや裏話を綴った「スタッフ日誌」も紹介しており、好評です。
 メールマガジンでは、イベントや生き物の最新ニュースをお届けするとともに、ここだけの話やエッセイなどもお届けしたいと思っています。スタッフは皆、気さくで明るいので、館内で見かけたら遠慮なく気軽に声をかけて下さいね。

生命の海科学館

生命の海科学館 生命の海科学館は、いん石や化石などの標本を通して、地球の歴史をご紹介するミュージアムです。

 46億年にわたる地球史の中でも、「海のまち蒲郡」にふさわしく、主に海にまつわる歴史――海の誕生、生命の初期進化、海を舞台にした古生物の進化など――をクローズアップしてご紹介しています。展示室では多くの標本に直接触れることができ、またさまざまなマルチメディアを通じて、地球・生命の歴史を体感することもできます。
 見て、聞いて、触れて、動かして、いん石や化石が語る地球の歴史をどうぞお楽しみ下さい。