選択された部分を音声で聴くには JavaScript が必要です
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
#
蒲郡市トップページ > 組織でさがす > 防災課 > 蒲郡市洪水・土砂災害ハザードマップ

蒲郡市洪水・土砂災害ハザードマップ

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年7月6日更新

蒲郡市洪水・土砂災害ハザードマップ

近年、日本各地で局地的な大雨によって多くの災害が発生しています。本市においても大雨等によって多くの被害が発生することが想定されています。

大雨等により、土砂災害が発生した場合や、川が氾濫した場合、また排水施設に雨水等を排水しきれずに氾濫した場合における被害想定等について具体的に示した「蒲郡市洪水・ハザードマップ」を作成しました。

いざという時に備えて、自宅周辺や職場、通学・通勤路の危険箇所をこの地図で確認し、避難場所までの経路等について、家族や地域、職場などで話し合うとともに、もし、避難勧告等が発令されたときは、このマップに基づき早めの避難をお願いします。

蒲郡市洪水・土砂災害ハザードマップ 蒲郡市洪水・土砂災害ハザードマップ東部

西部 [その他のファイル/715KB]                         東部 [その他のファイル/654KB]

西部 [PDFファイル/2.34MB]                            東部 [PDFファイル/2.34MB]

主な特徴としては、以下のとおりとなっています。

(1)西田川及び落合川の浸水予想を掲載。

(2)市内208箇所の土砂災害警戒区域(うち土砂災害特別警戒区域184箇所)を掲載。

(3)市内全域を東西に二分割しA1両面で大型化(縮尺15,000分の1)。

(4)避難場所のピクトグラム(絵文字)を地図面に掲載。

(5)災害時におおまかな位置が把握できるようにグリッド線を掲載。

 

※「蒲郡市洪水・土砂災害ハザードマップ」は、市内の各世帯に平成30年6月25日の広報がまごおりにて配布させていただきました。また、あたらしく蒲郡市に転入された方や、市役所1階市民課、4階防災課での窓口でもお渡ししております。

 

想定される風水害等

●洪水害(外水氾濫)

  大雨や雪どけなどによって河川流域が普段より増大したり、氾濫すること。

○浸水害(内水氾濫)

  一時的に大量の降雨が生じた場合において下水道その他の排水施設に当該施設に当該雨水を排除できないこと又は 下水道その他の排水施設から河川その他の公共の水域もしくは海域に当該雨水を排除できないことによる出水をいう。

○高潮災害

  台風や発達した低気圧等によって高波やうねりが発生し、海面の高さが普段よりも異常に高くなる現象。

●土砂災害

  大雨などにより、水と一緒に土砂が流れたり、山やがけが崩れたりする災害。

  〈急傾斜地の崩壊(がけ崩れ)〉

    大雨の影響で、山の斜面が突然崩れ落ちる現象。

  〈土石流〉

    大雨により、山腹、川底の石や土砂が一気に下流に押し出される現象。

  〈地すべり〉

    豪雨により、地面がひび割れ、斜面の一部あるいは全部がゆっくりと下方に動き出す現象。

○風害(たつまき等)

  主に台風や低気圧による強風(暴風)、竜巻などによる突風などが発生し、被害が発生する現象。

 

※●について「蒲郡市洪水・土砂災害ハザードマップ」に掲載しています。

 

知っておいてほしいこと

避難勧告等について


AdobeReaderPDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Reader(無償配布)が必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、ダウンロードしてご覧ください。