選択された部分を音声で聴くには JavaScript が必要です
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
#

住宅改修

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年3月1日更新

事業者の判断項目

1 住宅改修が必要な理由

理由書の様式が新しくなりました。ケアマネジャーに依頼してください。

被保険者の心身の状況及び日常生活上の動線、住宅の状況、福祉用具の導入状況等を総合的に勘案した上で、 必要な住宅改修の工事種別の選定をおこなってください。

[注意] 車いす等により痛んだ廊下の床材、古い手すりの取替え等、老朽化や物理的、 化学的な磨耗、消耗を理由とする住宅改修は対象となりません。


2 住宅改修に伴う既製品の使用時の単価

住宅改修において既製品(手すり、洋式便器、床材等)を使用する場合、蒲郡市では価格の記載されたパンフレットの添付をお願いしていますが、その定価(メーカー希望価格)では受け付けていませんのでご 考慮してください。

3 新築又は増築

  • 住宅の新築 : 住宅改修の支給対象となりません。
  • 増築の場合 : 新たに居室を設ける場合は、支給対象となりません。
  • 拡張(トイレ・廊下・居室等) :拡張された面積部分は対象となりません。ただし、 「手すりの取付け」「洋式便器等への便器の取替え」に要した費用のみは対象となります。 また「扉の取替え」も対象となる場合もありますので相談してください。

4 住宅改修費の支給対象外の工事も併せて行われる場合

支給対象部分の判別
対象部分と対象外の部分が判別できるよう、面積、長さ等数量を明記してください。
按分による方法
解体費や材料費・工事費を区分することが困難な場合は、対象範囲を按分しその根拠を説明できるようにしてください。 (見積書または図面に明示してもよいです)

5 申請手順

(要介護認定者又は要介護認定申請した方)→住宅改修届出書→承諾書→着手→完了→支給申請書
の順におこなっていただきますが、届出時の内容と完了時の内容が違う場合は、支給申請書を提出する際、 再度変更見積書、着手前(追加分)写真等を提出することになりますのでよろしくお願いします。


段差解消とは


居室、廊下、便所、浴室、玄関等の各室間の床段差解消や玄関から道路までの通路部分など屋外の 段差解消の改修工事を行った場合に保険給付の対象となります。
> 具体的には、敷居を低くする工事、浴室等の床のかさ上げ工事、スロープを設置する工事等が想定 されます。

段差解消1

段差解消2



参考例1・参考例2

[参考例1] 現状のトイレの面積を変えず改修を行ったケース


問1 和式から洋式便器に変更
問2 壁の撤去
問3 便所の段差の解消
問4 便所の入り口を引き戸に変更
問5 便所に下地補強をおこない手すり取り付け

現状のトイレの面積を変えず改修1


【参考例1】の注意事項

問1 和式から洋式便器に変更

対象です

問2 壁の撤去

開き戸が被保険者に支障があり、引き戸等に変更する場合又は段差が支障のため床段差を解消する場合は対象と考えます。

問3 床段差の解消

既設和式トイレの段差が支障があれば対象です。

現状のトイレの面積を変えず改修2

付帯工事(a×bm))として壁の改修費として認められる面積は段差と接している部分(3辺)です。

問4 扉の取替え

身体の状況により引き戸等に改修が必要な場合は対象となります。

問5 下地補強をおこなった手すりの取付け

壁紙等を剥がして下地補強する場合、大がかりな工事になるため、壁に補強のための、板を固定し、その上から手すりを取り付けるなど限られた支給限度内での安価な方法とします。 よって、付帯工事として認められる壁紙等の補修費は取付け部分のみの面積按分とします。

現状のトイレの面積を変えず改修3

[参考例2]現状のトイレの面積を拡張し住宅改修を行ったケース
問1 和式から洋式便器に変更
問2 トイレの面積を拡張
問3 拡張した便所の段差の解消
問4 拡張した便所の入り口を引き戸に変更
問5 拡張した便所に手すりを取り付け
問6 新たに手洗い場、小物入れを設置

現状のトイレの面積を変えず改修4

【参考例2】の注意事項

問1 和式から洋式へ
「水洗化」の工事費は改修対象から外します。
   付帯工事として排水工事が想定しているのは、和式の水洗便所を洋式の水洗便所に変えるときに、配水管の長さや位置を変える費用が改修費として算定できます。
問2 トイレの拡張
トイレの面積拡張部分については、対象となりません。
 住宅改修の支給限度基準額の考えとして被保険者の資産形成につながらない比較的小規模な改修を想定しています。
問3 床段差の解消
段差解消の対象になる面積は改修前の面積部分です。
 (床段差の改修経費を積算する場合は、面積計算か按分により算出してください。)
問4 扉の取替え
拡張であっても身体の状況に合わせ開き戸を引き戸に変更する場合は、対象となります。
問5 手すりの取付け
拡張したところに取り付けても対象となります。
※ペーパー付き等の付属品が付いた手すりは対象になりませんので注意してください。
問6 新たに手洗い場、小物入れ設置
住宅改修の5種別及び付帯工事以外のものは対象となりません。