選択された部分を音声で聴くには JavaScript が必要です
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
#
蒲郡市トップページ > 組織でさがす > 長寿課 > 在宅サービスで利用できる額は(1か月の利用限度額・高額介護サービス費)

在宅サービスで利用できる額は(1か月の利用限度額・高額介護サービス費)

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年7月1日更新

在宅サービスを利用する際には、要介護状態の区分に応じて介護保険から給付される「上限額(支給限度額)」 が決められています。利用者は、サービスにかかった費用の1割または2割を自己負担します。

≪サービスの利用限度額(1か月)≫

要介護状態区分1か月の利用限度額自己負担(1割)自己負担(2割)
要支援1 5万   30円  5,003円1万    6円
要支援210万4,730円1万  473円2万  946円
要介護116万6,920円1万6,692円3万3,384円
要介護219万6,160円1万9,616円3万9,232円
要介護326万9,310円2万6,931円5万3,862円
要介護430万8,060円3万  806円6万1,612円
要介護536万  650円3万6,065円7万2,130円

●下記のサービスは限度額が個別に設けられているため、上記の1か月の利用限度額に含まれません。

  • 福祉用具購入費
  • 住宅改修費
  • 居宅療養管理指導
  • 施設に入所して利用するサービス

 

1割または2割負担が上限額を超えたときに高額介護サービス費が支給されます

同じ月に利用した介護サービス利用者負担(1割または2割)の合計が高額になり、下記の限度額を超えたときは、負担を軽くするため、超えた分を「高額介護サービス費」として後からご本人の口座に払い戻しします。

なお、該当する方には長寿課からお知らせと申請書を郵送します。お手元に届きましたら申請書に受取先口座等をご記入のうえ、長寿課にご提出ください。 

限度額

現役並み所得者に相当する方がいる世帯の方 ※14万4,400円
市民税課税世帯の方 ※24万4,400円
世帯全員が市民税非課税2万4,600円
 ・老齢福祉年金受給者の方
・前年の合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円以下の方
2万4,600円(世帯)
1万5,000円(個人)
生活保護受給者1万5,000円

※1 同一世帯内に65歳以上(第1号被保険者)で課税所得145万円以上の方がいる方。ただし、単身世帯で収入が383万円未満、65歳以上(第1号被保険者)の方が2人以上の世帯で収入の合計が520万円未満の場合は、「市民税課税世帯の方」と同様の額となります。

※2 同じ世帯のすべての65歳以上の方(介護サービスを利用していない方も含む。)の利用者負担が1割負担の世帯には、年間上限額が446,400円に設定されます。

≪高額介護サービス費の対象とならないもの≫
  • 福祉用具購入費
  • 住宅改修費
  • 支給限度額を超える利用者負担分
  • 食費・居住費・日常生活費