選択された部分を音声で聴くには JavaScript が必要です
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
#

用地境界確認

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月26日更新

公共用地の境界確認

市が管理している道路、水路、河川などについて、境界確認の立会をします。

側溝整備や建築、土地分筆などに伴い、私有地と公共用地(市道、水路、河川など)との境界が不明な場合には、境界確認が必要です。関係地権者と公共用地の各管理者が境界確認の立会いを行い、関係者の合意のもとに境界が確定されます。

申請の方法

  1. 境界確認が必要な時は、「公共用地境界確認申請書」を土木港湾課 土地係まで提出してください。
  2. 境界確認申請書には、位置図、公図(登記所所有の写し)、関係土地所有者一覧、境界確認の参考となる資料(地積測量図等)及び現況図又は仮測図を添付してください。
  3. 境界確認の日程が決まりましたら、関係土地所有者への連絡および当日の出欠確認をお願いします。
    (事前の調査のため、土地家屋調査士が近隣の土地に立入ることがあります。)
  4. 境界確定後、公共用地との境界には市杭を設置し、境界の明示をします。また、境界確認の結果は官民境界確定図として土木港湾課で管理します。
  5. 境界確定後、立会済証明の必要な方は、「官民境界立会済証明願」を土木港湾課 土地係まで申請してください。
    (証明手数料 300円)


  • 街区基準点の設置及び平成17年の不動産登記法の改正を考慮して、確定された官民境界の引照点による管理を行います。 これに伴い、平成18年4月1日より、愛知県土地家屋調査士会東三支部様のご指導のもと、官民境界確定図の様式を統一することとなりました。 土地家屋調査士の皆様におかれましては、ご協力のほどよろしくお願いします。

公共用地の境界確認実施状況

平成30年度には蒲郡市内で256件の境界確認が実施されました。

    平成30年度境界確認実績

    申請目的
    申請件数
    公共事業
      12件
    一般申請
    244件
    申請合計
    256件