選択された部分を音声で聴くには JavaScript が必要です
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
#

特別障害者手当

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月1日更新

特別障害者手当

20歳以上で、最重度の障害のため日常生活に常時特別の介護を必要とする在宅の人に、国と愛知県から支給される手当です。毎年2月・5月・8月・11月の10日頃、前3カ月分がまとめて振り込まれます。

  • 長期入院(3か月以上継続)をしている人は対象外となります。
  • 施設入所者は対象外となります。
  • 所得制限によって支給停止となる場合があります。
  • 愛知県在宅重度障害者手当をあわせて受給することはできません。

対象者および支給額

種別対象者国支給分(月額)県加算分(月額)
A種身体障害1・2級で、療育手帳の知的障害の程度がIQ35以下の人26,940円6,850円
B種
  • 身体障害2級以上の障害をあわせて持つ人
  • 身体障害2級以上またはIQ20以下で他に身体障害3級を2つ以上持つ人
  • 上記以外で、日常生活において常時全面的な介護が必要と、医師が認めた人(認定診断書等による審査があります)
26,940円1,050円
C種上記以外の人(認定診断書等による審査があります)26,940円0円

※対象者の障害程度は目安であり、該当しない場合もあります。認定診断書等による審査が必要です。

必要なもの

  • 特別障害者手当認定請求書 (福祉課にあります。)
  • 特別障害者手当認定診断書(指定医師によるもの)
  • 本人の年金証書
  • 前年の年金額がわかるもの
  • 印鑑
  • 本人名義の預金通帳
  • 申請者本人の通知カード(写真なし)またはマイナンバー(個人番号)カード(写真付)
  • 本人確認書類(運転免許証、障害者手帳など写真付のものは一点、保険証など写真のないものは二点) ※個人番号カード(写真付)の場合は不要です。
  • 世帯で最も収入の多い方の通知カード(写真なし)または個人番号カード(写真付)
  • 配偶者がいる場合は、配偶者の通知カード(写真なし)または個人番号カード(写真付)

現況届

毎年8月に現況届の提出が必要です。

  • 年金証書
  • 前年の年金額がわかるもの
  • 申請者本人の通知カード(写真なし)または個人番号カード(写真付)
  • 本人確認書類(運転免許証、障害者手帳など写真付のものは一点、保険証など写真のないものは二点)※個人番号カード(写真付)の場合は不要です。
  • 世帯で最も収入の多い方の通知カード(写真なし)または個人番号カード(写真付)
  • 配偶者がいる場合は、配偶者の通知カード(写真なし)または個人番号カード(写真付)

 

こんな時は届け出が必要です

届け出がありませんと、手当の支払いが遅れたり、返納が生じる可能性があります。

  • 住所、氏名、振込口座を変更するとき
  • 施設に入所するとき、退所されたとき
  • 3ヶ月以上継続して入院したとき、退院されたとき
  • 蒲郡市から転出するとき
  • 手当受給者が亡くなったとき

必要なもの

  • 印鑑
  • 同居の親族(配偶者優先)の預金通帳

    ※本人が死亡し、未支給手当が残っている場合に必要です。