選択された部分を音声で聴くには JavaScript が必要です
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
#
蒲郡市トップページ > 組織でさがす > 福祉課 > 令和元年度「自殺予防週間」について

令和元年度「自殺予防週間」について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年9月5日更新

令和元年度「自殺予防週間」について

9月10日から16日は「自殺予防週間」です

自殺対策基本法では9月10日(火曜日)から16日(月曜日)までを「自殺予防週間」と定め、地方公共団体、関係団体等とも連携して「誰も自殺に追い込まれることのない社会の実現」に向け相談事業及び啓発活動を実施します。

あなたのこころは健康ですか

こころの不調が長く続いたり、日常生活に支障が出たりしている場合は早めに専門機関に相談しましょう

○こころの病気の初期サイン
・気分が沈む、憂うつ
・何をするのも元気が出ない
・理由もないのに不安な気持ちになる
・なかなか寝つけない、熟睡できない
・何も食べたくない、食事がおいしくない など
(出典:厚生労働省「みんなのメンタルヘルス総合サイト」より抜粋) 

周りの人のこころの不調に気づいたら

あなたの周りにこころの不調のサインを出している人がいたら、声をかけてみましょう

○こころの不調のサイン
・服装が乱れてきた
・急にやせた、太った
・表情が暗くなった
・遅刻や休みが増えた
・1人になりたがる
・ぼんやりしていることが多い など
(出典:厚生労働省「みんなのメンタルヘルス総合サイト」より抜粋)

○周りの人のこころの不調に気づいたとき
・声をかけてみましょう
 「悩んでいるようだけど、大丈夫?」など自分にできる声かけをしましょう。
・相手の話をじっくり聴きましょう
 話をそらしたり、批判したり、安易に励ましたりせず、相手の話に耳を傾けましょう。
・専門家への相談を勧めましょう
 こころの病気や社会・経済的な問題などを抱えているようであれば
 医師や弁護士などの専門家や公的機関に相談することを勧めましょう。 

ともに支えあう社会づくり

こころの病気になったとき、大きな支えになるのが周囲の人たちです。必要なときにあなたの周りの人を支えるためにもこころの病気への理解を深め、相談機関、支援のための制度やサービスを知っておきましょう。

【相談先】

・蒲郡市福祉課 電話:0533-66-1106(平日8時30分から17時15分)
・愛知県豊川保健所 電話:0533-86-3626(平日9時から16時30分)
・あいちこころほっとライン365 電話:052-951-2881(毎日9時から16時30分)
 自殺予防週間中9月10日(火曜日)から9月16日(月曜日)は、午後8時30分まで
・名古屋いのちの電話 電話:052-931-4343(毎日24時間)
・よりそいホットライン 電話:0120-279-338(毎日24時間 電話代無料)

関連リンク

 厚生労働省 令和元年度「自殺予防週間」 待っています あなたの声を
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/jisatsu/shukan2019.html

関連資料

蒲郡市自殺防止対策計画(概要版) [Wordファイル/61KB]

関連情報

蒲郡市市民向け自殺防止対策講演・ゲートキーパー養成研修会 

日時:令和元年11月16日(土曜日) 午後1時30分から3時
場所:蒲郡市勤労福祉会館

市民の方を対象に開催します。内容などの詳細は広報がまごおり11月号とホームページに掲載予定です。
申し込みは電話(福祉課:0533-66-1106)にて受けつけます。