選択された部分を音声で聴くには JavaScript が必要です
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
#

雑がみは資源です

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年3月25日更新

普段燃やすごみに混ぜてしまいがちな「雑がみ」
分ければ立派な資源です!

雑がみとは?

新聞紙、雑誌、ダンボール、飲料用パック以外の紙でできたもの全般

紙リサイクルマーク←このマークが目印です

・パンフレット、チラシ
・包装紙、封筒、
・お菓子、食品、薬品などの紙箱、買い物でもらう紙袋
・ノート、印刷紙
・ラップ・トイレットペーパーの芯、箸袋、レシート
・ダイレクトメール、シュレッダーした紙

雑がみイラスト

出し方

・紙ひもでしばる、紙袋やダンボールに入れるなどして資源ごみに出してください。
・シュレッダーしたものは中身の見える袋に入れて出してください。

◇出し方ワンポイント◇
  部屋にダンボール箱で雑がみ用のゴミ箱を置いちゃいましょう!
  ごみが出たとき、燃えるごみに入れちゃう前にちょっと分別して、たまったら口を閉じて資源ごみとして出すだけです。

出すときの注意

・紙以外のものは取り除いてください。
  封筒の窓のフィルム、ティッシュペーパーのビニール、カレンダーの金具など
・汚れているものは燃えるごみに出してください。

リサイクルできないもの

・ラミネート加工したビニールコート紙
・紙コップなどのワックス加工紙
・裏カーボン紙、ノーカーボン紙
・ファックスなどの感熱紙       など

 

詳しくは→公益財団法人 古紙再生促進センターのページへ(新しいウィンドウが開きます)