選択された部分を音声で聴くには JavaScript が必要です
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
#
蒲郡市トップページ > 組織でさがす > 子育て支援課 > 蒲郡市子ども子育て支援事業計画の平成29年度進捗状況の点検・評価について

蒲郡市子ども子育て支援事業計画の平成29年度進捗状況の点検・評価について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年10月25日更新

蒲郡市子ども子育て支援事業計画の平成29年度進捗状況の点検評価を行いました

  蒲郡市子ども子育て会議では、蒲郡市子ども子育て支援事業計画の平成29年度進捗状況の点検評価を行い、それぞれの事業について、子ども子育て会議が考える今後の課題をまとめました。今後は、子ども子育て会議の意見を踏まえ、事業の見直しや改善に努めます。

 平成29年度進捗状況の点検評価のポイント

  点検評価の対象となる14事業、項目について、「事業担当課による自己評価」と「子ども子育て会議が考える今後の課題」をまとめました。詳しくは、評価書全文をご覧ください。

事業・項目名

事業担当課による自己評価

子ども・子育て会議が考える今後の課題

1

1号認定
(3歳以上保育の必要なし)
保護者のニーズをほぼ満たしています。今後、運営形態の変更を予定している幼稚園もあるため、進捗状況を把握するなど、これまで以上に幼稚園との情報の共有化を図る必要があります。

2

2号認定
(3歳以上保育の必要あり)
園によっては定員を超える申請があり、平成28年度に引き続き入所の園を調整しました。児童やその家族にとって最善の支援を提供できるように子育てコンシェルジュを始め、保育士、保健師、療育機関などの関係機関と引き続き連携を強化していくことが求められます。

3

3号認定
(3歳未満保育の必要あり)
待機児童は生じていませんが、年度途中での入所が増えているため、保育士の確保と受入体制を整える必要があります。子どもにとって一番良い状況を作り出すために、男性の育休取得や家事・育児への参加の促進など企業と協力しながら子どもを産み育てやすい状況を作っていくという視点での検討が求められます。また、保育が必要な方に保育が提供できるよう、保育士の確保が必要です。

4

時間外保育事業
(延長保育事業)
保護者のニーズを確保することはできましたが、延長保育事業に従事する保育士の確保に努める必要があります。引き続き、保育の質的な部分で、子どもがゆったりと過ごせる環境作りが求められます。

5

放課後児童健全育成事業
(児童クラブ)
児童クラブの利用時間を午後6時30分から午後7時までに延長することにより、市民サービスの拡大は図れたが、児童クラブの定員が平成28年度と変わらなかったため、市民ニーズに応えきれてはいない現状です。利用者のニーズを充足するための量の拡充とともに、指導員及び運営の質の向上を図っていく必要があります。

6

子育て短期支援事業
(ショートステイ)
真に支援が必要な家庭に対し、養護・保護先を提供し、虐待防止に寄与することができました。当該事業は必要な事業であり、真に必要とする方が活用できる制度にするため、今後もあらゆる機会をとらえて事業の周知を図ることが求められます。

7

地域子育て支援拠点事業
(子育て支援センター事業)
利用者数は870人増えました。保健師との連携を深め、情報交換に努めました。引き続き内容の充実と周知を図る必要があります。引き続き保護者が子育ての喜びをしっかり感じられるような支援に努めるとともに虐待などの深刻な問題を抱える家庭に対しても関係機関との協力を含め支援していける体制の構築が求められます。

8

一時預かり事業南部保育園の一時預かり事業を府相保育園へ移管し、利用調整等はありますが、円滑な事業運営が出来ました。より良い子育てに繋げていくという観点から、一時預かりのリフレッシュのための利用が可能であることについて、保護者に積極的に周知することが求められます。

9

病児保育事業確保方策と利用申込数とでは大きな乖離があり、今後においても事業のPRに努め、真に必要とされている方が利用できるように取り組んでまいります。引き続き利用の周知に努めるとともに、真に利用したい方が利用しやすい制度にしていくべきです。

10

子育て援助活動支援事業の就学児童対象部分(ファミリー・サポート・センター)利用者は減少しましたが、会員数や利用申込数は増加しています。引き続き援助会員を確保する必要があります。援助会員が少ない地域や依頼会員のニーズが多い朝や帰りの時間帯で援助ができる会員の確保が求められます。

11

利用者支援事業
(子育てコンシェルジュ)
子育てコンシェルジュの周知が進み、相談者数が増加しています。引き続き、利用者が相談しやすい場を提供するとともに、タイムリーな子育て情報の発信に努めてまいります。平成31年度に開設される子育て世代包括支援センターで利用者支援事業の実施が予定されています。新たな関係機関との連携など、センターで実施する他の事業を含め利用者のニーズを満たすことのできる体制作りが求められます。

12

乳児家庭全戸訪問事業
(こんにちは赤ちゃん訪問)
手段や方法を工夫することで、全家庭を訪問することができており、現状の訪問者の人数で対応できています。全家庭の訪問を原則とし、引き続き訪問ができなかった場合にも必要とする育児相談、子育て支援に関する情報提供や養育環境の把握をする必要があります。

13

養育支援訪問事業現在の実施体制で支援ができています。平成29年度の訪問延べ人数が、これまでと比較し100人以上減っています。原因を分析し、必要な訪問ができていない場合には、対策を講ずる必要があります。

14

妊婦健康診査委託により量の見込みを確保できる体制を確保し、妊婦のほとんどが健診を受診したことが推測されます。ほとんどの妊婦が健診を受診できており、引き続き現在の実施体制で妊婦の健康の保持及び増進を図ることが求められます。
その他全体にかかわる課題地域の子育て支援に対する市民の参画をこれまで以上に増やしていく取り組みを検討していくことが求められます。子育て支援事業の利用者が、必要な支援をよりスムーズに受けることができるように、ワンストップ相談窓口等の体制の充実や各機関の相談員等の連携の強化が求められます。

平成29年度進捗状況の点検・評価書の全文

   蒲郡市子ども子育て支援事業計画平成29年度進捗状況点検評価書(全文)  [PDFファイル/635KB]
  平成28年度事業の点検・評価(平成29年10月実施)に対して改善した内容を評価書(全文)の最終頁にまとめています。
  この評価書は、子育て支援課(蒲郡市役所新館2階 電話0533-66-1107)でも配付しています。

   (参考)蒲郡市子ども子育て支援事業計画(全体版 30年3月改訂)  [PDFファイル/2.32MB]

次世代育成支援行動計画の平成29年度までの進捗状況

  蒲郡市では、平成22年3月に次世代育成支援対策対策推進法に基づく子育て環境づくり計画「ほほえみプラン21」の後期計画を策定しました。
  主要事業について、毎年度進捗状況をまとめています。

    次世代育成支援行動計画の進捗状況(平成22年度から平成29年度まで) [PDFファイル/162KB]
   (参考)ほほえみプラン21(全体版) [PDFファイル/1.27MB]


AdobeReaderPDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Reader(無償配布)が必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、ダウンロードしてご覧ください。