選択された部分を音声で聴くには JavaScript が必要です
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
#

豚コレラについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年2月7日更新

豚コレラの発生について

平成30年9月9日、岐阜県の養豚場で、日本国内で26年ぶりとなる豚コレラの発生が確認されました。
また、平成31年2月6日には、豊田市の養豚場で、愛知県で1件目となる豚コレラの発生が確認されました。
詳細につきましては、以下のリンクを参照してください。

※ なお、蒲郡市内には養豚場は存在しません。

<農林水産省ホームページ>
http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/csf/

<愛知県農林水産部畜産課ホームページ>
https://www.pref.aichi.jp/soshiki/chikusan/chikusan-csf.html

<愛知県東部家畜保健衛生所ホームページ>
http://www.pref.aichi.jp/chikusan/toubu-kachiku/CSF_ASF.html

豚コレラは人には感染しません!

豚コレラは豚、イノシシの病気であり、人に感染することはありません。
また、仮に豚コレラにかかった豚やイノシシの肉等を食べても人体に影響はありません。
正確な情報に基づいて、冷静に対応していただくようお願いいたします。

<内閣府食品安全委員会ホームページ>
http://www.fsc.go.jp/sonota/csf/

豚肉は安全です!

豚は、「と畜場法」に基づき、全頭、都道府県等のと畜検査員が異常や疾病がないか検査しています。
豚肉は、この検査に合格したものだけが市場に流通することとなっています。

豚コレラにかかった豚の肉が市場に出回ることはありません。

○ 愛知県チラシ [PDFファイル/161KB]
○ 公益財団法人日本食肉消費総合センターチラシ [PDFファイル/1.3MB]


AdobeReaderPDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Reader(無償配布)が必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、ダウンロードしてご覧ください。