選択された部分を音声で聴くには JavaScript が必要です
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
#
蒲郡市トップページ > 組織でさがす > 農林水産課 > 鳥インフルエンザについて

鳥インフルエンザについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月6日更新

鳥インフルエンザについて


鳥インフルエンザの検査結果について

1月31日(火曜日)蒲郡市内で回収された死亡野鳥のスズガモ1羽について、県の簡易検査を実施したところ、A型鳥イン

フルエンザウイルス陽性反応が検出されました。

また2月6日(月曜日)鳥取大学において、高病原性鳥インフルエンザの確定検査を行ったところ、A型鳥インフルエンザウ

イルス(H5N6型)陽性反応が検出されました。

市民の皆様におかれましては以下をご覧いただき、冷静に対応いただきますようご協力をおねがいいたします。

鶏肉、卵の安全性について

鳥インフルエンザについて、これまで鶏肉や鶏卵を食べることによって人に感染したという事例の報告はありません。このため、食品衛生の観点からは、鳥インフルエンザ発生農場から出荷された鶏卵や鶏肉を回収する必要はないと考えられます。

○ 鶏卵を「生」で食べることが健康を損なうおそれがあるとの報告はこれまでありませんが、不安な方は加熱(WHOの食中毒防止のための加熱条件:中心部70℃、瞬間)することをおすすめします。
○ 鶏肉は十分加熱して食べて下さい。未加熱又は加熱不十分なままで食べることは、食中毒予防の観点からおすすめできません。


鳥インフルエンザウイルスの人への感染について

鳥インフルエンザは、この病気にかかった鶏と接触して、羽や粉末状になったフンを吸い込んだり、その鶏のフンや内臓に触れた手を介して鼻からウイルスが入るなど、人の体内に大量のウイルスが入ってしまった場合に、ごくまれにかかることがあることが知られています。
日本では、この病気にかかった鶏等が徹底的に処分されており、通常の生活で病気の鳥と接触したり、フンを吸い込むようなことはめったにないことから、鳥インフルエンザに感染する可能性はきわめて低いと考えられます。
鳥インフルエンザに感染したり感染が疑われる鳥と接触した後で、発熱などインフルエンザを疑う症状が出た場合には、医師にその旨を告げて受診して下さい。

飼っている鳥や、野鳥が死んでいるのを見つけたら

1.鳥を飼っている方へ

国内で鳥インフルエンザが発生したからといって、直ちに家庭等で飼育している鳥が感染するということはありません。
清潔な状態で飼育し、ウイルスを運んでくる可能性がある野鳥が近くに来ないようにし、鳥の排せつ物に触れた後には手洗いとうがいをしていただければ、心配する必要はありません。
飼育中の鳥を野山に捨てたりするようなことはせず、冷静に対応してくださいますようお願いいたします。

2.飼っている鳥が死んでしまったら

鳥は生き物ですから、人と同じようにいつかは死んでしまいます。そして、その原因も様々ですから、鳥が死んだからといって直ちに鳥インフルエンザを疑う必要はありません。
鳥インフルエンザにかかった鶏は、次々に死んでいくということが知られていますので、原因が分からないまま鳥が次々に連続して死んでしまうということがない限り、鳥インフルエンザを心配する必要はありません。

原因が分からないまま、鳥が連続して死んでしまったという場合には、その鳥に素手で触ったり、土に埋めたりせずに、なるべく早く、市役所、東三河家畜保健衛生所にご相談下さい。

3.野鳥が死んでいるのを見つけた場合は

野鳥も飼われている鳥と同じように、様々な原因で死亡します。飼われている鳥と違って、エサが取れずに衰弱したり、環境の変化に耐えられずに死んでしまうこともあります。
また、野鳥は鳥インフルエンザ以外にも様々な細菌や寄生虫を持っていたりします。野鳥が死んだ場合には鳥インフルエンザだけでなく、こうした細菌や寄生虫が人の体に感染することを防止することが重要です。

野鳥が死んでいるのを見つけた場合には、細菌や寄生虫に感染しないよう、死亡した鳥を素手で触らずにビニール袋に入れてきちんと封をして廃棄物として処分することも可能です。

このような場合に直ちに相談していただく必要はないと考えられますが、不安な場合には、市役所、東三河家畜保健衛生所にご連絡下さい。

万一、野鳥がたくさんまとまって死んでいる場合には、毒物などを食べて死亡したことも疑われ、事件の可能性もありますので、警察、東三河家畜保健衛生所にご連絡下さい。

野鳥との接し方について [PDFファイル/138KB]

現在の鳥インフルエンザの状況について

http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/bird_flu/index.html(環境省のホームページ)

http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/tori/(農林水産省のホームページ)

高病原性鳥インフルエンザへの対応

鹿児島県出水市で、鶴の越冬用の貯水場から採取した環境試料から、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6亜型)が

検出されたと平成28年11月18日の報告が国内における鳥インフルエンザに関係する第1報で、また、2月6日には、蒲郡市

海陽町でスズガモからA型鳥インフルエンザウイルス(H5N6型)が検出されました。

本市では、平成29年1月4日指定された西尾市周辺に加え、1月31日に新たに指定された区域における野鳥の監視・パ

トロールを県と共に実施。

市内養鶏場には、消毒用石灰を配布し、また、市ホームページで市民への注意喚起など予防に努めているところです。

 休日における野鳥の死骸の回収について(冬季期間中)

休日の野鳥の死骸の回収については、休日窓口センターで期間内は午前8時30から午後5時まで承っております。発見した場合すぐに下記連絡先にお電話ください

 ○連絡先:蒲郡市役所休日窓口センター 電話番号0533-66-1111

○その他:窓口では、ご連絡者さまのお名前、連絡先及び発見した野鳥の死骸の場所、種類(不明な場合は、色、大きさ、足ひれの有無などの特徴。)、外傷の有無、数などの情報をお伝えください。

なお、情報・状況に応じて、速やかな回収に努めますので、宜しくお願いします。

平日での野鳥の死骸回収依頼は、農林水産課(電話0533-661126)へご連絡ください。


AdobeReaderPDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Reader(無償配布)が必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、ダウンロードしてご覧ください。