選択された部分を音声で聴くには JavaScript が必要です
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
#

造林事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年3月1日更新

造林事業

造林事業の概要

蒲郡市の林業でも紹介していますように、蒲郡市においては林業生産もほとんどなく、山林のほとんどが自然公園区域に指定されています。
ここでは蒲郡市において山林の伐採・植栽を行う場合の手続きと補助制度を紹介します。

地域森林計画対象民有林の伐採等

森林所有者の方は、地域森林計画の対象となっている民有林(注)の立木を伐採するには、事前に蒲郡市長に森林の所在場所、伐採面積、伐採方法、伐採齢、伐採後の造林方法、期間及び樹種その他を記載した「伐採及び伐採後の造林の届出書」を提出してください。
たとえ自分の山でも、森林を伐採するときは届け出が必要です。
地域森林計画の対象となっている民有林であっても、届出を必要としない場合や事後の届出で済む場合もあります。

(注)地域森林計画の対象となっている民有林・・・蒲郡市役所農林水産課に備え付けの森林計画図で確認してください。なお、対象森林は、森林計画図で明示することになっており電話による地番等での照会には回答できませんので、必ず来庁してください。

伐採届出書の用紙は?

「伐採及び伐採後の造林届出書」は、蒲郡市農林水産課のほか、愛知県林務課、東三河農林水産事務所林務課にあります。

届け出の時期は?

伐採を始める90日前から30日前までに提出してください。

伐採届出書の提出先は?

蒲郡市農林水産課へ提出してください。

その他の注意事項は?

「伐採及び伐採後の造林届出書」以外に関係法令による許可が必要な場合があります。蒲郡市における場合の代表的な事例を列記しますが、全ての場合に当てはまるものではありませんのでご注意ください。

自然公園特別地域内の場合・・・特別地域内伐採許可等
1haを超える開発の場合・・・林地開発許可等
保安林等の場合・・・保安林許可等

上に戻る

補助制度

森林が果たすべき役割に応じた整備を進めるため、一定の条件を満たした森林整備に国及び県が補助金を交付しています。
森林整備は、作業の実施が季節で限定されることや、森林所有者個人の財産形成の側面を持つことなどから、造林補助金にはほかの補助事業にはない特徴があります。
なお、蒲郡市には森林組合が存在しないため、申請は蒲郡市が森林所有者の委任を受ける形で行います。

補助対象事業は?

植栽、間伐等が対象となります。植栽の場合は、一定以上の面積や本数、植栽率等が必要となります。また、間伐の場合には同じく一定以上の面積、樹齢、間伐率等が必要です。

補助金額は?

面積、本数等の条件によって算出された標準単価に補助率を掛けた金額が支払われます。実際に掛かった金額が根拠になるわけではありませんのでご注意ください。

実際に補助を受けるには?

上記のようにさまざまな条件がありますので、農林水産課にお問い合わせください。
また、条件等に合致しているか現地を見させていただく場合がありますので、その際は案内をお願いします。