選択された部分を音声で聴くには JavaScript が必要です
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
#

農業振興地域の整備

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年3月1日更新

農業振興地域整備推進事業

土地の農業上有効利用と農業の近代化のための施策を計画的に推進する目的で策定した農業振興地域整備計画を管理(農用地の除外、編入等)するとともに、農業振興地域の保全を図ります。

農用地利用計画変更(農用地除外等)について

農用地利用計画変更とは、例えば、他の目的(宅地等)で土地を使いたくても、農用地区域のままでは転用ができないため、農用地区域から除外することをいいます。

農用地除外の要件について

原則として次の要件のすべてを満たすこと
1 当該農業振興地域における農用地区域以外の土地利用の状況から見て、当該変更に係る土地を農用地区域以外の区域内の土地をもって代えることが困難であること。
2 農用地の集団化、作業の効率化その他土地の農業上の効率的かつ総合的な利用に支障を及ぼすおそれがないこと
3 効率的かつ安定的な農業経営を営む者に対する農用地の利用の集積に支障を及ぼすおそれがないこと。 
4 農用地区域内の土地改良施設の有する機能に支障を及ぼすおそれがないこと。
5 当該変更に係る土地が土地改良事業等の施行に係る区域内の土地に該当する場合にあっては、当該事業の実施後8年を経過している土地であること。

農用地除外の手続きについて

申出受付期間

年4回(3月、6月、9月、12月)で各月1日から5日で受け付けます。

提出書類等
  • 農用地利用計画変更(除外)申出書(様式は農林水産課にあります)
  • 上記申出書の別紙として「除外の目的及び除外の必要性」「土地選定の理由」を明らかにする書類
  • 土地の登記簿謄本
  • 位置図、公図
  • 土地利用計画図、事業計画図
  • その他必要な書類

詳しくは農林水産課までお問い合わせください。

申請書ダウンロード