選択された部分を音声で聴くには JavaScript が必要です
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
#
蒲郡市トップページ > 組織でさがす > 市民課 > 通知カードの送付先に係る居所情報の登録について(マイナンバー制度)

通知カードの送付先に係る居所情報の登録について(マイナンバー制度)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月26日更新

住民票の住所地と居所が異なる方へ

平成27年10月5日以降、住民登録のあるすべての方の住民票の住所地に個人番号(マイナンバーといいます)が「通知カード」により通知されます(マイナンバー制度とは)。 

通知カードのイメージ
通知カードイメージ

通知カードは、住民票の住所地に世帯ごとに簡易書留で送付されます。この通知カードにはマイナンバーカード(個人番号カード)の交付申請書が同封されています(マイナンバーカードについて)。通知カードを確実にお受け取りいただくため、現在のお住まいと住民票の住所が異なる方は、住所変更の届出をお願いします。

やむを得ない理由により住所変更ができず住民票の住所地で通知カードを受け取ることができない方は、申請により居所に再送付することも可能です。

居所登録が間に合わなかった方へのご案内ちらし [PDFファイル/145KB]

居所情報の登録申請が必要な方

次に該当する場合、居所情報(通知カードの送付先)の登録申請を行っていただければ居所で通知カードを受け取ることができます。

  • 東日本大震災による被災者で住所地以外の居所に避難されている方
  • DV(ドメスティック・バイオレンス)、ストーカー、児童虐待等の被害者で住所地以外の居所に移動されている方
  • 長期間医療機関や施設に入院・入所されていて、住所地に誰も居住していない方
  • その他、やむを得ない理由により住所地において通知カードの送付を受けることができない方

申請に必要な書類

申請書

下記の申請書をダウンロードしてご使用ください(PDFファイル又はWordファイル 内容は同じ)。注意事項、留意事項もご確認下さい。申請書は市民課窓口にも備え付けてあります。

添付書類

申請書に下記の書類を添付して提出してください。

本人申請(窓口)および郵送申請の場合
1.申請者の本人確認書類

 運転免許証などの写真つき本人確認書類なら1点、保険証や介護保険証、通帳などの写真つきでない本人確認書類なら2点以上のコピー

※窓口申請の場合はこちらでコピーをしますので現物をご持参ください。

2.居所に居住していることを証明する書類

 公共料金の領収書など、居所に郵送された所在地が記載された書類のコピーなど

※施設等へ入所の方は申請書の「医療機関・施設等向け記入欄」に以下の証明をもらうことで「 居所に居住していることを証明する書類」にかえることができます。

・記載年月日

・医療機関・施設等の所在地

・医療機関・施設等の名称

・施設長の氏名

・施設印もしくは施設の代表者印

代理人が申請する場合(窓口申請)

上記、1、2に加え、以下の3、4の書類も添付してください。

3.代理人の代理権を証明する書類(委任状など)

委任状 [PDFファイル/59KB]   

4.代理人の本人確認書類

 運転免許証などの写真つき本人確認書類なら1点、保険証や介護保険証、通帳などの写真つきでない本人確認書類なら2点以上をご持参ください。 

提出方法

住民票のある市区町村へ提出してください。

申請書と添付書類は窓口への持参又は郵送で提出することができます。蒲郡市に住民票のある方の提出先は下記のとおりです。メールやファックスによる提出はできません。

【窓口で提出する場合】

市役所1階市民課の窓口へご持参ください。

【郵送で提出する場合】

申請書と添付書類を同封し下記の住所へ郵送してください。

郵便番号443-8601
蒲郡市旭町17番1号 蒲郡市役所 市民課

※封筒に「居所情報登録申請書在中」と朱書きしてください。

通知カードについてさらに詳しい情報

総務省 通知カードについて(外部サイト)

お問合せは「マイナンバー総合フリーダイヤル」をご利用ください。

  • 電話番号 0120-95-0178(無料)
  • ご利用時間 平日 9時30分から20時まで
            土日祝日 9時30分から17時30分まで
    (12月29日から1月3日までを除く)

「通知カード」「マイナンバーカード(個人番号カード)」に関することや、その他マイナンバー制度に関するお問合せにお答えします。

音声ガイダンスに従って、お聞きになりたい情報のメニューを選択してください。


AdobeReaderPDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Reader(無償配布)が必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、ダウンロードしてご覧ください。