選択された部分を音声で聴くには JavaScript が必要です
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
蒲郡市トップページ > 蒲郡市保健医療センター > 犬におけるエキノコックス症の発生について

犬におけるエキノコックス症の発生について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月29日更新

知多半島地域で捕獲された野犬3匹の糞便から、エキノコックスの虫卵が確認されました。
野山に出かけ、帰ったときはよく手を洗うなど、予防に心がけてください。

犬におけるエキノコックス症の発生に伴う注意喚起

エキノコックス症

エキノコックスとは、もともと北海道のキタキツネにいる寄生虫の名前です。キツネや犬を終宿主とし、その糞便により汚染された食物・水などを人が偶発的に飲み込むことにより感染します。
一般的に症状が現れるのは、感染してから10年前後で、人の体の中では主に肝臓や肺に寄生し、肝不全などの障害を引き起こすことがありますが、人から人への感染はありません。なお、適切に予防すれば人への感染を心配する必要はありません。

予防方法

  • 野山に出かけ、帰ったときはよく手を洗いましょう。
  • 野犬や野生動物にはむやみに触れないようにしましょう。
  • 衣服や靴についた泥はよく落とすようにしましょう。
  • 沢や川の生水は飲まないようにしましょう。
  • 山菜や野菜、果物等はよく洗ってから食べましょう。
  • 犬の放し飼いをしないようにしましょう。

リンク

詳細な情報は、下記ホームページをご覧ください。