選択された部分を音声で聴くには JavaScript が必要です
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
蒲郡市トップページ > 蒲郡市保健医療センター > 手足口病の警報が解除されました

手足口病の警報が解除されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月14日更新

愛知県健康福祉部は、平成29年7月13日(木曜日)に愛知県内に手足口病警報を発令しましたが、同年9月27日(水曜日)に次のことから解除しました。
警報は解除されましたが、しばらくの間、流行は続くものと考えられますので、引き続きご注意ください。

(解除理由)
愛知県全体の一定点医療機関当たりの手足口病の報告数が1.90人となり、国立感染症研究所が定める警報継続の指標である2人を下回ったため。

手足口病警報の概要

警報発令について

平成29年第27週(7月3日(月曜日)から7月9日(日曜日)まで)における愛知県全体の一定点医療機関当たりの手足口病報告数は5.04人となり、国立感染症研究所が「警報・注意報システム」で警報と定めている5人を超えました(警報レベルに達しました)。

手足口病

手足口病は、4歳以下の幼児を中心に夏季に流行する急性ウイルス性感染症で、いわゆる夏かぜの代表的な疾患です。口の中、手のひら、足の裏などの2から3mmの水疱性発疹が主症状ですが、まれに髄膜炎や脳炎を併発することがあります。
ワクチンや特定の治療法はありませんので、手洗いによる予防を心がけ、感染と重症化を防ぎましょう。

関連リンク

詳しい情報については下記ホームページをご覧ください。