ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 北部保育園 > 風が気持ちよい季節になりました

本文

風が気持ちよい季節になりました

記事ID:0202857 更新日:2019年10月9日更新

園庭の桜の葉が緑から黄色、オレンジ、茶色と変化し秋の涼しい風が吹くようになり、戸外での遊びが気持ちよくなってきました。未満児は、散歩に行ったり、双眼鏡で探検ごっこをして楽しく過ごしています。

2歳児が手をつないで散歩にでかけています。

2歳児は、友だちと仲良く話したり、鼻歌を歌ったりして楽しそうに歩いていきました。

子ども達がどんぐりをみつけました。

「ねえねえ、どんぐり見つけたよ」「こっち、こっち」と、友だちを呼んで拾いました。どの子も拾うことに真剣です。お散歩バックの中は、かわいいどんぐりで一杯になりました。

0、1歳児が近くのお寺に散歩に来ました。

0、1歳児は近くのお寺に散歩にきました。寺の参道を歩いたり、探索したりして遊びました。

子どもたちが猫を見つけ、呼んでいます。

猫がひょっこり出てきた所に出会いました。「おーい、にゃーにゃー」と、呼んでいる子もいました。もう一度猫が見たくて何度も呼んでいるとまた、顔を出す姿が見えるとにっこり。とても嬉しそうでした。

歳児が

1歳児がおやつを食べています。

今日は特別、外でおやつを食べました。みんな上手に座って食べていました。「おいしいね」と、友だちの顔を見て微笑む子や保育園で挨拶するように手を合わせて「こちそうさま」をしている子といましたよ。

子どもたちが参道付近で遊んでいます。

お寺から保育園が見えて喜んでいます。

お寺を探索していると保育園が見えることに気付いた子ども達がいました。「先生、あそこ、あそこ。」と、保育園を指さして教えてくれました。この日は天気も良く空が澄みきっていたので保育園がよく見えました。

2歳児がこうもりの双眼鏡で遊んでいます。

2歳児は、先生にこうもりの双眼鏡を作ってもらい探検ごっこが始まります。

こうもりの双眼鏡で友だちを見ています。

2歳児がこうもりの双眼鏡を持って鏡を見ています。

2歳児がこうもりの双眼鏡で外を見ています。

双眼鏡には色のセロハンが貼ってあり、友だちの顔はどう見えるのかな?自分の顔はどう見えるかな?外はどうなっているのかな?と、試して遊ぶ姿が見られました。この双眼鏡は、不思議な世界とつながっているようで、覗くたび、楽しくて何度も覗きたくなってしまうようです。

みんないろんな所ですてきな物を見つけて遊ぶことができました。子ども達がつぶやく声に耳を傾けるとかわいい声で驚いていたり、面白い発見をしたりしています。自分で見つけたことを先生や友だちに知らせたくて目をキラキラと輝かせて教えてくれる姿を見るととても嬉しいです。いつまでもこの輝く瞳でたくさんの発見や感動をして育ってほしいと願っています。


検索対象
注目ワード

新型コロナ 竹島水族館 協力金 特別定額給付金 潮干狩り