ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 北部保育園 > 歌うこと踊ることは楽しいな

本文

歌うこと踊ることは楽しいな

記事ID:0214948 更新日:2019年12月20日更新

未満児では、各クラス先生や子ども達の楽しそうな声が聞こえてきます。0歳児では、運動会で行った箱の車に乗り、引いてもらうことや、自分で引く遊びを楽しんでいます。最近では、先生や5歳児のお姉さんがトナカイ役になって引いてくれることを喜んでいます。

0歳児がサンタになってそりをひっぱってもらってます。

 

0歳児がサンタになって大きい子にそりをひっぱてもらってます。

 

0歳児が5歳児の歌に合わせてと踊っています。

 

「今日は、お姉ちゃんが引っ張ってくれるよ」「どこに行こうかな」

「サンタさんに変身だよ」「お姉ちゃんが交代でいろんな所に連れていってくれるよ」と、0歳児は喜んでいます。喜んでくれることが嬉しい5歳児のお姉さん達は張り切ってひいてくれますが、何週もまわってへとへとです。

5歳児がクリスマスの歌を歌うと、0歳児がマラカスを持って踊り始めました。5歳児の真似をしながら気に入ったフレーズを真似しています。吸収力の早い0歳児です

 

1歳児が保育士と楽しそうに踊っています。

 

1歳児が保育士と輪になることを楽しんでいます。

 

先生や友だちと手をつないで踊ることを喜んでいる1歳児です。

ジングルベルの踊りの中に所々掛け声で「ヘーイ」という場面では、大好きな先生の踊りを真似して片足をチョンと上げる姿がとてもかわいいです。

2歳児が自分たちで輪になっています。

 

「自分たちで輪になれたよ」と、いう2歳児です。初めは友だちと手が離れることや、丸にならないこともありましたが、何度も踊りをする中で丸になることができました。手をつなぐだけでも嬉しくてはしゃぎたくなりますが、どうしたらつなげるのか子どもたちなりに考えたようですね。

2歳児がジングルベルの踊りを踊っています。

 

友だちを意識しながら踊っていますね。各クラス年齢に応じて楽しい部分が異なりますが、友だちや先生と一緒に歌ったり、踊ったりすることを楽しんでいます。楽しい時の表情はとてもいきいきしていますね。子どもも、保育士も共に素敵な笑顔が見られるようこれからも楽しい遊びを一緒にしていきたいです。


検索対象
注目ワード

新型コロナ 竹島水族館 協力金 特別定額給付金 潮干狩り