ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 西浦小学校 > 7月2日 七夕集会+6年救急蘇生法学習

本文

7月2日 七夕集会+6年救急蘇生法学習

記事ID:0250509 更新日:2021年7月2日更新

 今日の1時間目は七夕集会でした。今年も、縦割り班の教室にて、それぞれのグループで会を開きました。6年生の司会で、願い事を発表し、笹に短冊や七夕飾りを付けました。その後、宝探しをしました。そこで見つけた★を繋げて、教室に天の川を作ります。完成したきれいな天の川の上を、順番に歩きました。素敵なアイディアに、さらにみんなの笑顔がいっぱいになりました。

6年1発表2

ささつけ2ささつけ3件検波つける天の川早くコロナ

短冊に書かれた願い事「早くコロナが収まりますように」。

 3時間目、6年生は救急蘇生法の学習をしました。愛知県医師会主催、日本救急蘇生普及協会から2名の講師さんが来てくださり、体育館を使って行いました。まずは、心肺蘇生法を、実際に倒れた人を見つけた場面から、どう動いたらいいのかを全員で練習しました。声のかけ方も覚えながら行いました。声を出すことで、動作の確認ができるそうです。はじめは、ぎこちない動きでしたが、やっていくうちにリズムよく胸骨圧迫ができるようになってきました。

講師蘇生1

 その後、AEDの使用法を学びました。AEDの音声ガイドに従って、落ち着いて行います。

「パッドを貼ってください」「離れてください。」

AEDどいて

再び胸骨圧迫。

蘇生法2

「学校のAEDはどこにありますか」の質問に、「体育館の入り口」「今はプール」とすぐに答えることのできた6年生に感心しました。重大な事故が起きてしまった時、落ち着いて、行動できるといいですね。


検索対象
注目ワード

竹島水族館 ゾッキ 蒲郡市公式LINE AIチャットボット