ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 大塚保育園 > 黄組赤組パーティ会(お別れ会)

本文

黄組赤組パーティ会(お別れ会)

記事ID:0242768 更新日:2021年3月19日更新

お別れ会を計画したよ


もうすぐ進級して青組になることに期待を持っている赤組。それと同時に青組さんがもうすぐ卒園してしまうことがわかり、今までの感謝を込めてお別れ会をすることになりました。

保育士が「何かしてあげたいことある?」と問いかけると、最初は「お家に来てもらう」「お店やさんに連れて行ってあげる」と保育園ではできそうにないことを言っていましたが、何かしてあげたい気持ちは伝わってきました。

次の日
子ども「焼肉はどう?」
保育士「焼肉も連れて行くのは難しいかなー」
子ども「違うよ、偽物の焼肉を作ってあげるんだよ」
クラスの子「いいねー」と賛同し焼肉屋さんをすることが決まりました。

早速次の日から焼肉屋さんの準備が始まり、実際に遊びながらお店屋さんとお客さんのやり取りを経験しました。遊びの中で「焼きそばもいるよね」と声が上がり、"焼きそば屋さん"もやることになりました。

その後の話し合いで"お面屋さん""おもちゃ屋さん"も開き、黄組も誘って一緒に「お別れ会」をすることにしました。


お寿司屋さんの準備  お寿司屋さんの準備 
"お寿司屋さん"の準備をしている黄組さん。
ハサミやセロテープを使うのが上手になり、たくさんのお寿司を作っています。

お店の看板を見せている  お店屋さんの看板を見せる 看板を見せる子ども
自作の看板を持って
「明日黄組赤組パーティ会(お別れ会)があるから来てね」
青組さんにお店屋の紹介をしてきました。興味津々で話を聞く青組さんと、頑張ってやろうと意気込む赤組。

お別れ会当日

 お寿司屋さんをしている子ども      お寿司屋さんになっている子ども  
「いらっしゃいませー」元気な黄組の"お寿司屋さん"。素敵な帽子を被ってなりきっています。

焼きそば屋に並ぶ子ども      焼肉を買う子ども

お店屋さんとやり取り        アクセサリーを渡す赤組
赤組のお店はチケット係、商品を渡す係など自分達で役割分担をして出迎えました。今までは保育士と一緒ということがほとんどでしたが、「自分達だけ」でという思いがあり、友達と協力しながら頑張りました!

お面をとる子ども    お面が全部売れて喜んでいる子ども
「これでいいですか?」「全部売れたー」
大人気だったお面屋さんはあっという間に売り切れ。
お面を渡す順番も決まっていてチームワークばっちり!

買った物を机に並べて食べる子供 お寿司を食べている青組 買ったお寿司を食べる青組
「なんのお面にした?」「おもちゃ屋さんで何買った?」「焼肉おいしーい」
青組さんの微笑ましい声がたくさん聞こえてきました。

青組さんにプレゼント

そして最後には黄組、赤組が心を込めて作ったプレゼントを渡しました。

プレゼントを渡す黄組    自作の絵本を見せる赤組 
黄組は折り紙でチューリップを作り、メダルをプレゼント。赤組は自分達で作った絵本をプレゼント!
「青組さん今までありがとう、小学校に行っても頑張ってね」と青組さんに感謝の気持ちを伝えることができました。     


買い物を終わった青組全員集合


かっこいい姿を見せてくれたり、優しくしてくれたりした青組さんに感謝の気持ちを伝えるために行ったお別れ会。
担任はこの活動の中で
"自分の考えていることを友達に伝えたり、話し合ったりする"
"グループや全員で協力して一つのことを頑張る"を
経験してほしいと思って活動してきました。
自分達で考えて少しずつ計画してきた「お別れ会」
「焼き肉足りないからもっと作ったほうがいいんじゃない」「看板作ったほうがいいんじゃない?」
等と必要なことに気付いて声を掛ける姿や、役割分担をして取り組む姿に成長を感じました。
こんな赤組ならきっと立派な青組になれると思います。

招待された青組さん、計画して準備した黄組、赤組。
どの子もみんな楽しんでいたのでお別れ会は大成功!
青組さん、小学校にいっても素敵なお兄さんお姉さんでいてね。


検索対象
注目ワード

竹島水族館 ゾッキ 蒲郡市公式LINE AIチャットボット