ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 西部保育園 > モンシロチョウに なあれ

本文

モンシロチョウに なあれ

記事ID:0179040 更新日:2018年7月2日更新

園庭のブロッコリーの葉っぱの上に、青虫を見つけました。

なんだろう と図鑑で調べてみると、どうやらモンシロチョウの青虫らしい。

子どもたちは、虫メガネで見たり、気付いたことを友達や保育士に伝えたりして、毎日かわりばんこに観察ケースを覗きました。

青虫の写真です

青虫を虫眼鏡で見ている子どもたちです 図鑑で調べている子どもたちです

初めは、「青虫きもちが悪い。」と言っていた子も、「葉っぱ食べとるね。」「大きくなってきたね。」「かわいいね。」とチョウチョウになるのを楽しみに待っていました。

ある日、大きな青虫が上の方へ上っていきました。(きっと、サナギになるんだな)と保育士は思いましたが、子どもたちの気付きを待ちました。

次の日、やっぱりサナギになったのを見つけて、子どもたちはびっくり。

「変なのがおる」 図鑑で調べた子が、サナギになったんだと教えてくれました。

「いつチョウチョになるのかなぁ」「早くでてこないかなぁ」 とても楽しみにしていました。

大きくなった青虫とさなぎの写真です さなぎの写真です

サナギの色が変わりました。「チョウチョ色になった」「もうすぐ生まれる?」

子どもたちは出てくるところが見たくて、何度も観察ケースを覗きます。びっくりしないようにそーっとね と年長児が小さい子に声をかける姿がありました。

子どもたちが給食を食べている間にチョウは出てきてしまい、出るところは見れませんでしたが、「やったー、よかったね」と子どもたちは大喜びでした。

チョウチョウが生まれました チョウチョウを空に飛ばしました

「お花の蜜をたくさん吸ってね。」「ばいばーい。」飛んでいくチョウを見て、子どもたちはとても嬉しそうでした。

その後も何匹もチョウチョウを育てる中で、子どもたちは、気づいたり発見したり不思議に思ったり、考えたり調べたりし、思考力の芽生えを感じる姿がたくさん見られ、実際に体験することの大切さを感じました。

しばらくして、葉っぱのなくなったブロッコリーに新しい葉っぱが生えてきたことに気付いた3歳児さん。

「やわらかいよ。」「青虫が食べにくるといいね。」「あー、またチョウチョ見たいなぁ。」

そんな話をしていたら、本当にチョウチョウが卵を産みに来て、ブロッコリーは青虫だらけになりました。

チョウが卵を産んでいます 卵を産んでいるチョウを見ている子どもたちです チョウの卵の写真です

子どもたちは、大喜びです。

今、ちゅうりっぷ組の観察ケースの中には、青虫がいっぱいいます。今度は、どんな発見があるのか楽しみです。


検索対象
注目ワード

竹島水族館 ゾッキ 蒲郡市公式LINE AIチャットボット