ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 蒲郡市消防本部 > 防災は日頃の備えが大事です。

本文

防災は日頃の備えが大事です。

記事ID:0010261 更新日:2011年3月1日更新

備えあれば憂いなし。

日本は世界でも有数の地震多発国です。
阪神淡路大震災は、活断層のずれによって起きた地震とされていますが、この活断層は日本列島のいたるところにもあります.
つまり日本では、いつでも、どんなところでも突然に阪神淡路大震災クラスの大地震が起きる可能性があるということです。
阪神淡路大震災をはじめ、過去に起きた地震の犠牲を無駄にしないためにも、数々の教訓を生かしながら、今後の防災に生かしていく努力が必要だと思います。
さぁ、あなたもさっそくできることから防災対策を始めましょう。

地震の際に机の下に避難している絵です。 自主防災会が集合している絵です。 耐震性貯水槽のことを家族に教えている絵です。
地震 自主防災組織 耐震性貯水槽

糸魚川市大規模火災を踏まえた市内の「大規模火災の特定地域」について

平成28年12月に新潟県糸魚川市で発生した大規模火災では、こんろなどの調理器具の取り扱い、初期消火の重要性、強い季節風、そして木造住宅が密集する地域であったことが注目されました。このことをうけ、蒲郡市内を調査したところ、木造密集地など大規模火災の特定地域に該当する地区はありませんでした。

一方で蒲郡市内では「都市計画基礎調査」を参考にしたところ、14地区が「密集市街地」とされています。

市民の皆様には、万一、火災が発生した際は、被害を最小限に抑えるためにも住宅用火災警報器の設置(設置から10年経過したものは交換)、消火器などを各家庭に準備していただき、日頃から火災予防に心がけていただくようご理解、ご協力をお願いします。

「都市計画基礎調査」で「密集市街地」とされている14地区(平成21年)

 ※各地区をクリックすると地図へ移動します。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


検索対象
注目ワード

新型コロナ 竹島水族館 協力金 特別定額給付金 潮干狩り

災害情報

公表制度

自主防災動画集