ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 子育て支援課 > 特別児童扶養手当の有期認定について

本文

特別児童扶養手当の有期認定について

記事ID:0222748 更新日:2020年8月31日更新

特別児童扶養手当の有期認定の延長について

新型コロナウイルス感染症拡大防止のための外出自粛や医療機関の状況により、有期認定に必要な診断書の提出が困難な場合が想定されるため、以下のとおり、診断書の提出期限が延長されます。

対象者と延長期間

令和2年7月末有期の方は、診断書の提出期限が1年間(令和3年7月末まで)延長されます。

令和2年11月末有期の方は、診断書の提出期限が1年間(令和3年11月末まで)延長されます。

※延長後の提出期限以降も、引き続き手当を受けようとするときには、延長後の期限までに対象児童の障害の状態が確認できる診断書等の提出が必要です。対象者には期限のおよそ3カ月前にお知らせを送付する予定です。

※受給者の希望により、延長された期限内に診断書を提出する場合も、従来どおり審査が行われ、新たな審査結果に基づいた有期期限が定められます。

※診断書の様式が必要な場合は、子育て支援課児童福祉係までご連絡ください。

その他

受給者の方は、毎年8月に「所得状況届」を提出していただきます。手当を引き続き受けられるかどうか確認するためのものですが、所得状況によっては、受給資格の期間中であっても、手当の支給が停止される場合があります。


検索対象
注目ワード

竹島水族館 ゾッキ 蒲郡市公式LINE AIチャットボット