ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 水道課 > 臨時用給水について

本文

臨時用給水について

記事ID:0000003 更新日:2021年4月26日更新

指定給水装置工事事業者のみなさまへ

臨時用給水の料金は割高です

 臨時用給水は、工事期間中に少量の水を使うことを前提としているため、基本料金は発生しませんが、従量料金の単価を割高に設定しています。

 完了検査に合格するまでは、通常の水道利用を認めていないため、通常の料金体系に移行できません。そのため、完了検査を受けずに日常生活のために水道を使用すると、水道料金が非常に高くなります。

 臨時用給水(完了検査を受ける前まで)の従量料金の単価

 1立方メートルあたり321円(税抜き)

 例:2か月で30立方メートル使用した場合

 臨時用(完了検査前)  10,593円(税込み)

 一般料金(口径20mm) 4,686円(税込み)

≪参考≫ 水道料金の計算方法

完了届の提出について

 給水装置工事が完了したら、速やかに完了届を提出してください。

完了検査の時期について

 完了検査は、物件引渡し前に受けるように調整してください。
 完了検査に合格した時点で、通常の料金体系に移行いたします。

 

施主さんとのトラブルを回避するため、完了届、完了検査は確実にご対応ください。


検索対象
注目ワード

竹島水族館 ゾッキ 蒲郡市公式LINE AIチャットボット

水道の使用開始・中止のお手続きはこちら