ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 東部保育園 > 5月の誕生日会

本文

5月の誕生日会

記事ID:0196414 更新日:2019年5月30日更新

5月の誕生日会をしたよ!

保育園では毎月、その月の誕生児をみんなでお祝いする誕生会を開いています。今月も、2名の誕生児を園のみんなに紹介したり、歌のプレゼントをしたりしました。司会の保育士が、毎回その月にちなんだ誕生児の登場や紹介をするので、子どもたちも楽しみにしています。誕生児は、ちょっぴり照れながら、みんなの前に出て「おめでとう!」と祝ってもらうのを嬉しそうにしています。

誕生会の後には、毎月お楽しみの催しを企画しています。4月は手品を見せていただくために園外のスペシャリストをお呼びしました。他にも、影絵やハンドベルの鑑賞、チアダンスチームや生命の海科学館、お話おばさんをご招待して、素敵なパフォーマンスを見せていただいたこともあります。

今月のお楽しみは、園の保育士の出し物でした。まずは、それぞれ得意な一芸を披露しながらの登場です。

ダンスを踊っている実習生の画像

みんなでパプリカを踊っている画像

まずは、保育実習生がダンスを踊って見せてくれました。子どもたちも知っている「パプリカ」の踊りだったので、みんなで体を動かして楽しんでいました。子どもたちも実習生も笑顔が弾けていました。

絵描き歌をしている保育士の画像

縄跳びを跳んでいる保育士の画像

次に登場した保育士は、絵描き歌を見せたり、得意の縄跳びを披露しました。あや跳びや二重跳びをみんなで数えて、盛り上がりました。

手品をしている保育士の画像

皿回しをしている保育士の画像

ペットボトルで手品をしている保育士の画像

他にも、マジックをしたり皿回しをしたりして、子どもたちは普段見たことがない保育士の一面にびっくりしたり、応援したり、みんな喜んで見ていました。

体操を踊る保育士の画像

最後に、保育士みんなでディズニー体操を踊りました。子どもたちもすぐに歌を口ずさんだり、楽しい動きに合わせて一緒に踊ったりして、夢の国のひとときを楽しみました。

体操をおどる子の画像

ディズニー体操を踊る子たちの画像

子どもたちも保育士も、笑顔あふれるとても温かい誕生会になりました。

誕生会が終わった後も、子どもたち同士、「○○先生、ミニーになってたよね。」「皿回しって難しそうだね!」とおしゃべりも盛り上がっていました。保護者から、「先生って、側転ができるんですってね!」と驚かれる声もありました。

これからも、子どもたちと一緒に心がワクワクするような楽しい経験をたくさん重ねていきたいと思います。


検索対象
注目ワード

竹島水族館 ゾッキ 蒲郡市公式LINE AIチャットボット