選択された部分を音声で聴くには JavaScript が必要です
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
#

各部局の紹介

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月8日更新

平成31年度 各部局室の紹介

蒲郡市政に携わる各部の本年度の抱負を紹介します。

予算については、「蒲郡市の財政」をご覧ください。

企画部長 飯島 伸幸

総務部長 平野 敦義

市民福祉部長 竹内 仁人

産業環境部長 贄 年宏

建設部長 鈴木 伸尚

都市開発部長 宮瀬 光博

上下水道部長 鈴木 伸尚

ボートレース事業部長 近藤 章仁

最高経営責任者 城 卓志

市民病院 病院長 河辺 義和

市民病院 看護局長 牧野 仁子

市民病院 事務局長 中神 典秀

消防長 小田 竹利

教育委員会教育監 岡田 敏宏

教育委員会事務長 嶋田 丈裕

議会事務局長 平岩 和明

会計管理者 西浦 実都伸

監査事務局長 天野 邦祥

企画部

【企画部長 飯島 伸幸】

 企画部長

【市民の皆様へ】
 企画部は、秘書広報課、人事課、企画政策課、協働まちづくり課の4課で組織しています。
 主な業務は、市長・副市長の秘書業務、広報・広聴活動、重要施策に関する企画・計画・調整、人事管理、協働のまちづくりの推進などです。
 蒲郡市第4次総合計画の将来都市像である「三河湾に輝く 人と自然が共生するまち 蒲郡」の実現のため、市民の皆さんのご意見をお聞きしながら、職員一丸となって事業に取り組みますのでよろしくお願いいたします。

 広報・広聴活動では、市民意識調査を実施するとともに、市民の皆さんと意見交換をし市政の現状をお伝えする地域懇親会を例年に引き続き開催いたします。
 また、蒲郡市の知名度の向上や人口減少対策のため、シティプロモーション活動及び定住促進事業を実施してまいります。
 地方創生事業については、「蒲郡市まち・ひと・しごと創生総合戦略」に基づき、「夢と希望に満ちた、明るく輝く、元気な街」を目指し、各事業の効果検証・事業改善を推進してまいります。
 市民活動や地域自治の支援による協働のまちづくりやラグーナ蒲郡地区環境整備、また、再生医療をはじめとする新産業の振興に取り組んでまいります。

総務部

【総務部長 平野 敦義】

総務部長

 【市民の皆様へ】  
 総務部は、行政課、財務課、税務課、収納課、契約検査課、交通防犯課、防災課、公共施設マネジメント課の8課で組織されています。主に、例規の審査、選挙に関する事務、予算の編成、市有財産の管理、税金の賦課・徴収、工事の入札、物品の管理・処分、交通・防犯対策、防災対策、公共施設マネジメントなどを行っています。
 堅実な行財政運営に取り組むとともに次の事業を推進してまいります。
 公共施設マネジメントでは、「公共施設マネジメント実施計画」に基づき、「地区個別計画」及び「地区個別計画」の事業実施に向けた基本計画の策定に取り組んでまいります。
 地域の足確保対策では、東部地区で新たな支線バスの運行を始めるとともに、他の交通空白地においても支線バスの運行など、交通手段の確保を目指してまいります。
 また、名鉄西尾・蒲郡線の存続に向け、精力的な利用促進活動を行うとともに、引き続き名鉄の鉄道運行に対して支援をしてまいります。
 地震防災・気象災害への対策では、いざという時の災害に備える防災・減災体制を強化してまいります。

市民福祉部

【市民福祉部長 竹内 仁人】

 市民福祉部長

【市民の皆様へ】
 市民福祉部では、少子高齢化が急速に進展する中、市民のみなさまが安心して暮らすことができるよう、子育て支援をはじめ市民の健康づくりや地域包括ケアシステムの構築に向けた施策を推進してまいります。
 具体的には、蒲郡市まち・ひと・しごと創生総合戦略に“子育て世代の希望をかなえるまちづくり”を基本目標として掲げ、子育てに関する総合相談窓口となる子育て世代包括支援センター、および心身の発達に心配のあるお子さまへの発達支援と保護者への子育て支援ならびに地域との連携を行う児童発達支援センターを、平成31年4月1日に開設いたしました。
また、今年度の新規事業としまして、赤ちゃんおめでとうギフト事業および子育て応援アプリ事業を実施してまいります。
 次に、明るく元気な蒲郡の実現を図るため、市民いきいき健康づくり事業を引き続き実施するとともに、病気の予防及び早期発見を目的とした特定健診などの各種健診とともに、今年度の新規事業としまして高齢者保健指導事業を実施して、市民のみなさまの健康維持を目指してまいります。
 また、団塊の世代が75歳を迎える平成37年を見据え、東三河広域連合による第7期介護保険事業計画の推進と介護予防・日常生活支援総合事業を進めるとともに、今年度の新規事業としまして認知症施策推進事業を実施し、地域包括ケアシステムの構築に取り組んでまいります。
 今後も、市民のみなさまが「安心して暮らすことのできるまち蒲郡」の実現を目指し、頑張ってまいりますので、本年もよろしくお願い致します。

産業環境部

【産業環境部長 贄 年宏】

 産業環境部長

【市民の皆様へ】
 産業環境部は、観光、商工業及び農林水産業など産業の振興と廃棄物の処理など市民の皆様の暮らしに関わりの深い事業を行っています。
 観光商工課では、「観光のまち蒲郡」として、国内だけでなく、海外からもより多くの方々に訪れていただけるよう、県や周辺の自治体と協力して観光の推進を図ってまいります。また、産業の活性化を推進するため、国内外への販路拡大に向けた取り組みを進めてまいります。
 農林水産課では、農業の振興を図るため、新規就農者の確保や農地集積等に努めるとともに、農作物等に多大な被害を及ぼしている有害鳥獣対策の強化や、西迫西地区のほ場整備事業を進めてまいります。また、地域の漁業や水産関係者と力を合わせ、各種水産イベント等を行うとともに、うま味や栄養価の豊富な「がまごおり撰魚」や地魚の普及を進めてまいります。
 環境清掃課では、ごみ出しの日やごみの分別をスマートフォンで確認できるごみ分別アプリ「さんあーる」の利用を推進するとともに、新たに家庭用エネルギー管理システムや家庭用燃料電池システムへの補助を実施し、地球温暖化の防止を図ってまいります。

建設部兼上下水道部

【建設部長兼上下水道部長 鈴木 伸尚】

建設部長

【市民の皆様へ】
 建設部は、土木港湾課、道路建設課、建築住宅課の3課で、道路、河川、港湾などの市民生活や社会経済活動の基盤となる公共施設の整備や維持管理を行っております。
 道路事業につきましては、国、県と協力し、国道23号蒲郡BPをはじめとする主要幹線道路の整備などを進めてまいります。
 河川・港湾事業につきましては、県が整備を行っている-11m岸壁の有効利用や災害に備えて河川・港湾の改良、維持管理を行ってまいります。
 建築関連事業につきましては、市営住宅の管理、民間住宅の耐震化の促進、空家の有効活用を進めてまいります。
 上下水道部は、水道課、下水道課、下水道浄化センターで構成されており、水道水の供給や汚水の排水処理など市民生活に必要となるライフラインの整備や維持管理を行っております。
 水道事業につきましては、安全で安心な水を安定的に供給できるよう努めるとともに、西部送水管等の基幹管路を中心に老朽化した水道施設の更新、耐震化を推進してまいります。
 下水道事業につきましては、アクションプランに基づき、平成37年までに市街化区域内の汚水管の整備を進めてまいります。下水道浄化センターにつきましては、長寿命化計画に基づき、老朽化した施設の更新を行い、安定的な運転を行えるよう努めてまいります。

都市開発部

【都市開発部長 宮瀬 光博】
都市開発部長

【市民の皆様へ】
 都市開発部は、都市計画課、区画整理課、企業立地推進課の3課で、「安全で住みやすい、魅力あるまちづくり」と「働く場の確保」に取り組んでいます。
 都市計画事業の計画決定・変更、立地適正化計画・景観計画に基づく施策、緑化事業、公園整備事業などを進めると共に、土地区画整理事業では、蒲南地区の早期完了と、中部地区、駅南地区での区画道路や宅盤整備を進め、事業進捗率の向上を目指し、都市基盤の整備に取り組みます。
 柏原地区企業用地造成事業を進めることで市内外からの企業誘致に取り組み、働く場の確保に努めてまいります。

ボートレース事業部

【ボートレース事業部長 近藤 章仁】

 ボートレース事業部長

【市民の皆様へ】
 平成31年度、ボートレース蒲郡では22年ぶり3回目となるプレミアムG1第33回レディースチャンピオン(女子王座決定戦)を8月に開催します。また、G1オールジャパン竹島特別開設64周年記念競走を11月に、G1第65回東海地区選手権競走を2月に開催し、今年度はG1レースを3回開催してまいります。全国から集結したトップレーサー達の白熱した戦いをファンの皆様、市民の皆様にお届けできることと思います。
 今年度のボートレース事業部としての売上金額は880億円を目標として掲げています。売上目標金額の達成と、より地域の皆様に愛されるボートレース場を目指して、職員一同、日々の業務に取り組んでまいります。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

市民病院

【最高経営責任者 城 卓志】

最高経営責任者

【市民の皆様へ】

全国の多くの自治体病院は、主に医師不足による経営の悪化に悩んでいます。当院も例外ではありませんが、今年度より名古屋市立大学との連携協定が成立し、大学病院の教員資格を持ったまま当院に赴任出来るようになりました。このため、今年度は呼吸器内科、内分泌・糖尿病内科、消化器内科、泌尿器科、眼科、皮膚科の医師が私を含めて8名増加し、大学病院に遜色無い高度医療の提供がこれまで以上に容易となりました。愛知県では初めての今回の試みをうまく活用し、これまで以上に安全で高度な医療を行う診療体制を整え、市民の皆様にとって安心して頂ける病院運営を進めて参りたいと思っています。

【病院長 河辺 義和】

 市民病院長の写真

【市民の皆様へ】
 当院の使命はこの地域の基幹病院として医師会の先生方としっかり連携し、救急医療はもちろんのこと、地域のニーズに合った入院を中心とした質の高い医療を皆さんに提供することにあると思います。加えて保健所、保健センター、行政とも緊密に連携し、病気予防への取り組みも含めた患者本位の医療を実践し、病気の早期発見、早期治療に努めていくことも重要であると考えています。
 名古屋市立大学との一層の連携が進み医師が増員されたこともあって、昨年度の病棟稼働率は目標の70%以上を大きく超えることができました。今年度もダビンチの導入をはじめとして、外科系医師の増加なども図り、大学病院と遜色のない医療を提供するとともに、高齢者社会への対応として病院を中心とした地域医療包括ケアシステムの構築にも今まで以上に努力していく所存です。
 患者さんの立場にたち、患者さん中心の安心、安全で思いやりのある最新の医療を提供していき、市民の皆さんに"市民病院があるから安心だ"と思っていただけるような病院であり続けるため、さらなる努力を積み重ねていきたいと考えています。
 今後とも蒲郡市民病院をご支援いただきますよう、宜しくお願いいたします。

【看護局長 牧野 仁子】

 看護局長

【市民の皆様へ】
 病院の基本理念「患者さんに対して最善の医療を行う」ことを受け、看護局は「目をそらさない 手を離さない 心をみつめて 患者さんに寄り添う看護を提供します」ことを理念としております。特に、昨今の動きの激しい医療・看護現場にいる者にとって患者様の痛みや苦痛の軽減ができ気持ちが通じ合った時は、本当にうれしくやりがいを感じることができます。
 患者様には、常にパワーをいただいております。入院された患者様が、安心して住み慣れた地域へ戻ることができることを目指し看護師一同、精一杯の看護をしたいと考えていますのでよろしくお願い致します。

【事務局長 中神 典秀】

事務局長

【市民の皆様へ】
 病院や医療を取り巻く環境が激しく変化する中、“患者さんに対して、最善の医療を行う”という基本理念は、当院の変わらないテーマです。かかりつけ医である開業医の先生方とも連携しながら、救急医療を支える基幹病院として、その役割・使命をしっかりと果たしていきたいと考えております。
 そのためにも、医師を始めとした医療スタッフの充実、職員の研修、収益確保と経費節減など、「蒲郡市民病院新改革プラン」に基づき、経営の安定化に向けた具体的な取り組みを着実に進めてまいります。

消防本部

【消防長 小田 竹利】

 消防長

【市民の皆様へ】
 消防本部は総務課、予防課、消防署から組織されています。
 総務課は消防車両や装備の充実、庁舎の管理、消防団事務などを行っています。
 予防課は防火普及や危険物の規制事務、火災原因調査などを行っています。
 消防署は火災、救急、救助活動のため、本署と東部、西部出張所の3箇所に別れ市内全域をカバーするとともに、気象等の各種災害情報収集や自主防災組織に関する事務などを行っています。
 これからも、消防団、女性防火クラブ、自主防災組織と連携し蒲郡市民の生命・財産を守るため日夜業務に励んで参ります。

教育委員会

【教育監 岡田 敏宏】

岡田教育監

【市民の皆様へ】
 「ひとづくりはまちづくり」に直結します。「学習指導要領の改訂」「道徳の教科化」「小学校英語のスタート」「地域に開かれた教育課程の実現」「いじめ・不登校の課題、 教職員の働き方改革」「外国人児童生徒、特別支援教育など多様性に対応する学校現場」「地域に位置付いた新しい学校づくり」「教職員の研修や育成」「学校経営力を高める管理職の研修」「様々な専門家や支援員との連携や協力等チーム学校の強化」等、変革期を迎えている学校教育の課題に、これまでの経験を基盤に、「子どもの将来にとってどうか」という視点で、蒲郡市小中学校長会と力を合わせ、真摯に向き合っていきます。

【事務長 嶋田 丈裕】

 事務長

【市民の皆様へ】
 蒲郡市教育委員会は、心豊かで社会に役立つたくましい子どもたちを育てるため、学校教育の充実に努力します。また市民の皆様が日々生きがいをもって、充実した人生を送ることができるように、さまざまな事業を積極的に展開し活力あるまちづくりをめざします。

議会事務局

【議会事務局長 平岩 和明

議会事務局長

【市民の皆様へ】
 市民の皆様の生活における様々な課題について、きめ細かく審議する場として、また市民の皆様の願いを、市政に反映できるように、市議会の円滑な運営を目指して努力していきます。
 また、蒲郡市議会では、より開かれた市議会を目指し、市議会の様子をホームページでお届けしていますので是非ご覧ください。

会計室

【会計管理者 西浦 実都伸】
会計室長

【市民の皆様へ】

 会計管理者および会計室では会計事務の適正な執行管理、公金の適切な管理や運用等を日々の業務として遂行しております。
 税金、使用料、手数料など、行政運営を支える大切な公金をお預かりする者として、適正な支出と確実な管理に取り組んでまいります。

監査事務局

【監査事務局長 天野 邦祥】

監査事務局長
【市民の皆様へ】
 監査事務局では、財務に関する事務の執行や経営に係る事業の管理が、法令に準拠して適正に行われているか、効果的、合理的、能率的に行われているかを監査します。
 現在、蒲郡市では、識見を有する監査委員2名、議会から選出された監査委員1名により、決算審査、定例監査、例月現金出納検査などの監査、審査、検査を行っています。