ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 産業振興部 > 観光商工課 > 蒲郡市観光ビジョン

本文

蒲郡市観光ビジョン

記事ID:0151299 更新日:2016年12月1日更新

蒲郡市観光ビジョン

 蒲郡市では、観光業界のみならず蒲郡全体としての取組みにより、魅力あるまちづくり・まち育てができないかということで、平成15年10月委員会を発足し、 平成16年12月に「蒲郡市観光ビジョン」を策定しまいした。観光交流ウィーク、おもてなしコンシェルジュ、新たなマーケットへのPRなど、様々な活動を実践してまいりました。

 しかし、観光を取り巻く環境変化は著しく、多様化する観光ニーズ、刻々と変化する観光産業の形態変化への対応をしていくために、平成22年3月に「蒲郡市観光ビジョン」を改訂し、平成28年10月に再度「改訂・蒲郡市観光ビジョン」を作成いたしました。

 また、「改訂・蒲郡市観光ビジョン」の策定後、平成22年度から平成23年度に行われた取り組みを整理するとともに、平成24年度以降に実施することが望まれる事業の案および関係主体および期間について取りまとめを行った「蒲郡市観光ビジョン アクションプラン」を作成し、平成28年10月の蒲郡市観光ビジョンの改訂時にアクションプランも改訂をしました。

 

蒲郡観光交流立市の日

 平成17年3月17日の観光交流立市宣言を受け、毎年この3月17日を「蒲郡観光交流立市の日」として、この立市宣言の趣旨や各種取組を市民に皆さんに確認・共有していただく日に定めました。皆さんも是非ご参加下さい。

シティドレッシング事業

詳細はこちらをご覧ください。

観光交流立市シンボルマーク

シンボルマーク

 「観光交流立市」の宣言を受けて、この度、蒲郡市観光交流立市宣言のシンボルマークを募集しました。応募総数は、56組138点。多くのご応募、誠にありがとうございました。入賞作品は以下のとおりです。大賞受賞作品は、増田一真さん(静岡県藤枝市瀬古在住)のもので、今後作成される制作物等で活用させていただきます。

 制作コンセプト:「人」が後生に蒲郡の良さを伝えていく、「人」を通して世界に交流を広げる、私たちは世代を超えて蒲郡のまちを観光交流都市として育てていく。「世代=ジェネレーション」「蒲郡」の「G」と「人」をイメージしたGの意味を込めました。

 このシンボルマークのPrピンバッチを作成しました。蒲郡市観光協会(蒲郡駅南口)にて1ヶ200円(作成実費)で好評発売中です!

蒲郡市観光交流立市宣言

 蒲郡市観光ビジョンの提言を受けて、平成17年3月17日に蒲郡市議会全会一致により議決され「観光交流立市」を宣言いたしました。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


検索対象
注目ワード

竹島水族館 ゾッキ 蒲郡市公式LINE AIチャットボット