選択された部分を音声で聴くには JavaScript が必要です
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
#
蒲郡市トップページ > 組織でさがす > 企画政策課 > チョコレートの摂取による健康効果に関する実証研究 中間報告

チョコレートの摂取による健康効果に関する実証研究 中間報告

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年12月8日更新

チョコレートの摂取による健康効果に関する実証研究 中間報告

 本市は、「蒲郡市ヘルスケア計画」に基づく取り組みとして、株式会社明治、愛知学院大学との産学官共同で「チョコレート摂取による健康効果に関する実証研究」を、平成26年3月から開始し、その中間報告をまとめました。(企画・運営:株式会社ヘルスケアシステムズ)

 この実証研究は、市内外の45から69歳までの347人(男性124人、女性223人)に、1カ月間、カカオポリフェノールを多く含むチョコレートを毎日一定量摂取していただき、摂取前後の血圧や血液成分などの身体の状態の変化を検証するというものです。チョコレートをもちいた実証研究としては、他に例をみない日本初の大規模研究といえます。

 今回の実証研究では、注目すべき結果として、血圧低下やHDL(善玉)コレステロール値上昇などの効果が確認されました。さらに、事後のアンケート調査ではリラックス効果が高まったこともわかりました。日本人を対象としたチョコレートを用いた大規模調査に、市の健康課題でもある生活習慣病の改善に資する結果が得られたことは、非常に意義深いものと考えております。

 このたび、産学官に加え、多くの市民の皆様が被験者として主体的に実証に参加し、当初の目的に見合う非常に興味深い結果が得られたことは、ヘルスケア計画を推進するひとつのモデルケースになったといえます。本市は今後も、このような取り組みを積極的に展開し、ヘルスケアのまちづくりを進めていきたいと思います。

◆ 研究結果の詳細は、以下の特設サイト内で紹介されています。

「みんなの健康 チョコライフ」 みんなの健康 チョコライフ

◎ 本実証研究に関する特集ページ
チョコレート摂取による健康効果に関する実証研究 血圧の低下・HDL(善玉)コレステロール値の上昇などを確認!!

中間報告会 実施報告  蒲郡市民講座 「チョコレートの機能性と健康生活」

平成26年11月24日に今回の実証研究の中間報告会としての市民講座を実施しました。
市内外から多くの皆様にご参加頂き、ありがとうございました。

講座名

蒲郡市民講座 「チョコレートの機能性と健康生活」

日時

平成26年11月24日(月曜日) 13時30分から15時30分  【開場:12時30分から】

場所

蒲郡市民会館 中ホール

内容

(1)本実証研究の中間結果報告
(2)チョコレート成分の健康効果に関する講演
講師:   愛知学院大学心身科学部 学部長 教授 大澤 俊彦氏
(3)座談会
パネリスト: 愛知学院大学心身科学部 学部長 教授 大澤 俊彦氏
        名古屋大学大学院経済学研究科 教授 佐藤 宣之氏
        司会者・エッセイスト 楠田 枝里子氏
        蒲郡市長 稲葉 正吉
(4)医療機器、検査装置、福祉機器等の紹介 (大ホールロビー)

主催

蒲郡市

協力(順不同)

愛知学院大学、株式会社デンソー、トヨタ自動車株式会社、株式会社ニデック、株式会社ヘルスケアシステムズ、
株式会社ユネクス、HPC統合医療研究所、株式会社明治

本実証研究/蒲郡市ヘルスケア計画に関するお問い合わせ先 

蒲郡市役所 企画部 企画広報課
TEL: 0533-66-1162