選択された部分を音声で聴くには JavaScript が必要です
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
#
蒲郡市トップページ > 組織でさがす > 子育て支援課 > 蒲郡市子ども・子育て支援事業計画の平成28年度進捗状況の点検・評価について

蒲郡市子ども・子育て支援事業計画の平成28年度進捗状況の点検・評価について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月25日更新

蒲郡市子ども・子育て支援事業計画の平成28年度進捗状況の点検・評価を行いました

  蒲郡市子ども・子育て会議では、蒲郡市子ども・子育て支援事業計画の平成28年度進捗状況の点検・評価を行い、それぞれの事業について、子ども・子育て会議が考える今後の課題をまとめました。今後は、子ども・子育て会議の意見を踏まえ、事業の見直しや改善に努めます。

  広報がまごおり平成29年11月号に特集記事を掲載していますので、ご覧ください。
    広報がまごおり(←市のホームページの別ページに移行します。)

平成28年度進捗状況の点検・評価のポイント

  点検・評価の対象となる14事業・項目について、「事業担当課による自己評価」と「子ども・子育て会議が考える今後の課題」をまとめました。詳しくは、評価書全文をご覧ください。

事業・項目名

事業担当課による自己評価

子ども・子育て会議が考える今後の課題

1

1号認定
(3歳以上保育の必要なし)
保護者のニーズをほぼ満たしています。入所ニーズを満たす体制が整備できていますが、出生数が減少していく中で、幼稚園の定員や補助のあり方について検討していくことが求められます。

2

2号認定
(3歳以上保育の必要あり)
待機児童は生じていないものの、園によっては定員を超える申請があり、平成27年度に引き続き入所の園を調整することがありました。療育施設へ入所することで取り下げた児童には、今後も子育てコンシェルジュが関係機関と連携しながら、よりよい支援ができるように調整していくべきです。

3

3号認定
(3歳未満保育の必要あり)
待機児童は生じていないものの、年度途中での入所ニーズが高いため、更なる受入体制を整える必要があります。1・2歳児の保育ニーズを認可外保育施設を含めて確保する計画であることを踏まえ、認可外保育施設の地域型保育事業への移行促進の方策が求められます。

4

時間外保育事業
(延長保育事業)
量の見込みを確保できる体制を確保し、保護者のニーズに対応することができました。11時間保育が実現したことにより保護者の保育ニーズを確保することができていますが、延長保育時間に従事する保育士の確保が課題になっています。

5

放課後児童健全育成事業
(児童クラブ)
7年ぶりに新たなクラブを開設し、計画以上の受け入れをしましたが、高まる利用ニーズに応えるため更なる受入体制を整える必要があります。子どもたちの授業後の適切な居場所を作っていくために、量の拡充と同時に質の確保にもより一層取り組むべきです。また、男女を問わず働き方改革が進むように配慮が求められます。

6

子育て短期支援事業
(ショートステイ)
真に支援が必要な家庭に対し、養護・保護先を提供し、虐待防止に寄与することができました。当該事業は必要な事業であり、活用できる制度にするため、今後もあらゆる機会をとらえて事業周知に努めるべきです。

7

地域子育て支援拠点事業
(子育て支援センター事業)
利用者は約400人増えましたが、引き続き利用の周知や利用しやすい環境の工夫に取り組む必要があります。利用者は増加していますが、家庭に引きこもりがちな保護者への利用周知が引き続き求められます。

8

一時預かり事業保育園の一時預かりニーズの高まりに応えるため、実施園を4園増やしました。保育園での一時預かりにおいて、利用調整を行う際には、申込者の事情に配慮するなど柔軟な対応が求められます。

9

病児保育事業平成27年度までの病後児保育に加え、新たに病児保育を開始したことにより、利用増につながりました。病児保育事業の利用促進だけでなく、事業者を含めた地域全体で子育て支援を進めていく取組が求められます。

10

子育て援助活動支援事業の就学児童対象部分(ファミリー・サポート・センター)利用者が年々増加しており、引き続き援助会員を確保する必要があります。援助会員が活動しやすくなるような支援をしつつ、真に支援を必要としている方へ事業周知に努めるべきです。

11

利用者支援事業
(子育てコンシェルジュ)
市内3か所に子育てコンシェルジュを配置することで、計画以上の体制を整備することができました。引き続き利用者の立場に立った相談しやすい手段を充実させ、より一層の質の向上に努めるべきです。

12

乳児家庭全戸訪問事業
(こんにちは赤ちゃん訪問)
手段や方法を工夫することで、全家庭を訪問することができており、現状の訪問者の人数で対応できています。現状の体制で十分に訪問できており、今後も全家庭を訪問できるように努めるべきです。

13

養育支援訪問事業現在の実施体制で支援ができています。支援の必要な家庭が増えており、これまで以上に各機関が連携し、協力する体制を構築していく必要があります。

14

妊婦健康診査委託により量の見込みを確保できる体制を確保し、妊婦のほとんどが健診を受診したことが推測されます。ほとんどの妊婦が受診できているため、現在の実施体制で継続すべきです。
その他全体にかかわる課題日中の教育・保育のより一層の質の向上を図り、市内のどの施設に行っても平等に育って、就学につなげていけるような取組を進める必要があります。また、利用者の立場に立った質の向上を図りつつ、事業の周知に努めるべきです。
国が掲げる働き方改革の取組が進む中、男性の育児参加や就業時間の配慮など育児にかかわる事業者の協力について働きかけをすることが求められます。

平成28年度進捗状況の点検・評価書の全文

   蒲郡市子ども・子育て支援事業計画平成28年度進捗状況点検・評価書(全文) [PDFファイル/536KB]
  平成27年度事業の点検・評価(平成28年10月実施)に対して改善した内容を評価書(全文)の最終頁にまとめています。
  この評価書は、子育て支援課(蒲郡市役所新館2階 電話0533-66-1107)でも配付しています。

   (参考)蒲郡市子ども・子育て支援事業計画(全体版) [PDFファイル/1.19MB]

次世代育成支援行動計画の平成28年度までの進捗状況

  蒲郡市では、平成22年3月に次世代育成支援対策対策推進法に基づく子育て環境づくり計画「ほほえみプラン21」の後期計画を策定しました。
  主要事業について、毎年度進捗状況をまとめています。

    次世代育成支援行動計画の進捗状況(平成22年度から平成28年度まで) [PDFファイル/170KB]
   (参考)ほほえみプラン21(全体版) [PDFファイル/1.27MB]


AdobeReaderPDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Reader(無償配布)が必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、ダウンロードしてご覧ください。