選択された部分を音声で聴くには JavaScript が必要です
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
蒲郡市トップページ > 蒲郡市生命の海科学館 > 【生命の海科学館】 2017年特別展 『せいめいのれきし』 46億年,あなたにつながるストーリー

【生命の海科学館】 2017年特別展 『せいめいのれきし』 46億年,あなたにつながるストーリー

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月16日更新

2017年特別展 『せいめいのれきし』 46億年,あなたにつながるストーリー

1962年に出版され、時をこえて今も読み継がれるベストセラー絵本『せいめいのれきし』。
現在の知見をもとに半世紀ぶりに改訂された絵本に登場する古代の生物たちと、物語を陰で支える科学のお話を、ご紹介します。

イメージ写真

イメージ写真

イメージ写真

イメージ写真

イメージ写真

イメージ写真

期間

2017年7月15日(土曜日)~11月5日(日曜日)
会場蒲郡市生命の海科学館 3F 蒲郡の科学ひろば
主催蒲郡市生命の海科学館
協力株式会社 岩波書店・独立行政法人 国立科学博物館・岐阜聖徳学園大学
入場料無料

 特別展『せいめいのれきし』A4チラシ

矢印2017年特別展 『せいめいのれきし』 46億年,あなたにつながるストーリー A4チラシ [PDFファイル/1.46MB]

◆特別展関連イベント

講演会 「せいめいのれきし」

「せいめいのれきし」は地球の46億年のこれまでを、古生物や私たち人類が舞台に登場して演じる劇のように解説する絵本です。「せいめいのれきし」は、

「さあ、このあとはあなたのおはなしです。(中略)いきものの演じる劇は、たえることなくつづき、いつもあたらしく、いつもうつりかわって、わたしたちをおどろかせます」

と終わっています。
この本が最初に発刊されてから、50年以上にもなります。その間に、恐竜は絶滅したのではなく、その一部は鳥類に姿をかえ現在も進化を続けていること、生命の海科学館のクジラの化石が新種だったことなど、次々と新しいことがわかっています。
講演会では、最新の恐竜研究など、「せいめいのれきし」発刊以降の重要な変化をわかりやすく解説します。講演会の後、「せいめいのれきし」を片手に蒲郡市生命の海科学館をまわってみませんか?きっと新しい驚きを「発掘」できるはずです。

講師紹介

真鍋 真さん©黒澤義教

国立科学博物館

真鍋 真 さん

1959年、東京生まれ。国立科学博物館・コレクションディレクター。
横浜国立大学教育学部卒業、米イェール大学地球科学部修士課程修了、英ブリストル大学理学部博士課程修了。博士(理学)。
1994年より国立科学博物館に勤務し、恐竜進化と恐竜をとりまく生態系などについて研究している。2015年、「せいめいのれきし」の改訂版を監修。

日時2017年10月8日(日曜日) 11時~12時
会場蒲郡市生命の海科学館 1F サイエンスショールーム
講師真鍋 真さん(国立科学博物館 標本資料センター)
定員60名(当日先着順 ※希望者多数の場合は整理券を配布します)
参加費無料

※<オプショナル・ミニツアーのお知らせ>
講演会終了後、真鍋先生と一緒に、特別展、及び生命の海科学館展示室を巡ります。
生命の海科学館展示室への入場には観覧券、年間パスポート等が必要です。
ミニツアーに参加を希望される方は、事前に観覧券などのご準備をよろしくお願いいたします。
(観覧券は使用日に限り再入場が可能です。)

えほん meets 博物館 『せいめいのれきし(改訂版)』

岩波書店から半世紀ぶりに改訂版が登場した大ベストセラー『せいめいのれきし』。
絵本を片手に科学館を探検!

日時2017年7月17日(月曜日・祝日) (1)午前の部 11時~12時 (2)午後の部 14時~15時30分
共催国立科学博物館
協力株式会社 岩波書店
会場蒲郡市生命の海科学館 3F 展示室ほか
対象(1)未就学児と保護者,未就学世代の教育関係者 (2)小学生以上の子供と保護者
定員各回20組
参加費無料(展示室観覧料もしくは市民利用証,年パス等が必要です)
申し込み方法

事前申し込み(申込受付順)です。科学館1F受付もしくは、下記お申込みリンク(電子申請・届出システム)よりお申込みください。

矢印えほん meets 博物館『せいめいのれきし(改訂版)』 お申込受付 (午前の部)

矢印えほん meets 博物館『せいめいのれきし(改訂版)』 お申込受付 (午後の部) ★定員になりましたので受付終了致しました★

★お申込みをもって受付とさせていただきます。当日直接会場(生命の海科学館)へお越しください。

川上紳一先生の『恐竜教室』! ~モササウルス編~

 大人気の『恐竜教室』が、蒲郡にやってきます!
絵本『せいめいのれきし』にも登場する、恐竜時代の海にすんでいた
大型爬虫類モササウルス。本物の化石を観察しながら、モササウルスの
すがたや生態についてひもときます。

モササウルス化石(頭骨)

講師紹介

イメージ画像

岐阜聖徳学園大学 教授

川上 紳一 さん

TV東京の人気番組「開運!なんでも鑑定団」でもおなじみの、長野県生まれの地球科学者。
地層の縞を過去の環境変動の記録テープとしてとらえ、地球の歴史を解読する「縞々学」を提唱している。近年は、化石から太古の恐竜などの姿や生態を推理する「恐竜教室」が人気を博している。
著書に『縞々学 - リズムから地球史に迫る』(東京大学出版会)、『生命と地球の共進化』(日本放送出版協会〈NHKブックス〉)、『全地球凍結』(集英社新書)、『宇宙137億年のなかの地球史 』(PHPサイエンス・ワールド新書) などがある。

日時2017年9月18日(月曜日・祝日) (1)午前の部 11時~12時 (2)午後の部 14時~15時
会場蒲郡市生命の海科学館 1F 実験工作室ほか
講師岐阜聖徳学園大学 教授 川上 紳一 さん
対象小学校5年生以上~中学生
定員各回20名
参加費100円
参加費無料(展示室観覧料もしくは市民利用証,年パス等が必要です)
申し込み方法

事前申し込み(申込受付順)です。8月1日(火曜日)からお申込み受付します。
科学館1F受付もしくは、下記お申込みリンク(電子申請・届出システム)よりお申込みください。

矢印川上紳一先生の『恐竜教室』! ~モササウルス編~ お申込受付 (午前の部)

矢印川上紳一先生の『恐竜教室』! ~モササウルス編~ お申込受付 (午後の部)

★お申込みをもって受付とさせていただきます。当日直接会場(生命の海科学館)へお越しください。


AdobeReaderPDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Reader(無償配布)が必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、ダウンロードしてご覧ください。