選択された部分を音声で聴くには JavaScript が必要です
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
#
蒲郡市トップページ > 組織でさがす > 保険年金課 > 国民健康保険【出産育児一時金直接支払制度】

国民健康保険【出産育児一時金直接支払制度】

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年3月1日更新

概要

 これまで、出産育児一時金については、原則として被保険者の出産後に世帯主の申請に基づき支給される仕組みであったため、一時的に被保険者が多額の現金を用意する必要が生じていましたが、少子化対策の一環として、安心して出産できる環境を整備するという観点から設けられた制度です。

出産育児一時金の直接支払制度の概要

 世帯主と医療機関や助産所との間で、出産育児一時金の支給申請と受領に関する代理契約を取り交わすことにより、医療機関や助産所が出産育児一時金の支給申請と受領を世帯主に代わって行うことで、医療機関や助産所の窓口での被保険者の負担の軽減を図るものです。
 入院などの際、医療機関や助産所から、事前に直接支払制度についての説明があります。
 ここで、直接支払制度を活用するかどうかの確認がありますので、活用する場合は、医療機関や助産所と取り交わす合意文書に署名してください。この合意文書が、代理契約の内容となります。
 なお、従来どおりの方法でも可能です。この場合は、合意文書に「活用しない」旨の記載をしてください。

右矢印 蒲郡市国民健康保険出産育児一時金直接支払制度実施要綱 [PDFファイル/44KB]

出産育児一時金の直接支払制度

上に戻る


直接支払制度を活用する場合

◆出産費用が42万円を超える場合

 出産費用が上限の42万円を超える場合は、超えた額は、退院時に医療機関や助産所から超えた額が請求されます。

◆出産費用が42万円に満たない場合

 出産費用が42万円に満たない場合は、その差額は出生届を済ませた後、保険年金課窓口で、所定の請求書により請求してください。後日、国民健康保険から支給されます。

右矢印 出産育児一時金差額請求書

▼その際、持参していただくもの

  • 保険証
  • 印かん
  • 医療機関や助産所から発行される出産費用の明細書の写し
    (早期支払を希望しない場合は不要)
  • 世帯主名義の口座番号 

上に戻る


直接支払制度を活用しない場合

 出生届を済ませた後、保険年金課窓口で出産育児一時金(42万円)の申請を行ってください。
 後日、国民健康保険から、全額が支給されます。
 なお、出産を海外で行うなど、この制度を活用できない場合もありますので、そのような場合も、この支給方法となります。

右矢印 出産育児一時金支給申請書

▼その際、持参していただくもの

  • 保険証
  • 印かん
  • 医療機関や助産所と直接支払制度の活用について取り交わした合意文書の写し
  • 海外出産の場合は、公的機関の発行した出生証明書の写し
  • 世帯主名義の口座番号 

AdobeReaderPDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Reader(無償配布)が必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、ダウンロードしてご覧ください。