選択された部分を音声で聴くには JavaScript が必要です
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
蒲郡市トップページ > 蒲郡市消防本部 > 違反対象物の公表制度

違反対象物の公表制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年3月19日更新

公表制度とは

重大な消防法令違反のある建物を公表することで、建物の危険性に関する情報を利用者に提供し、利用者らが自ら調べることができ、安全性を判断することができる制度です。

いつから始まるの?

2020年4月1日から

公表の対象となる建物は?

特定防火対象物となります。特定防火対象物とは、飲食店、物品販売店、旅館、病院など不特定多数の人が利用する建物です。

飲食店宿泊施設病院

公表の対象となる違反は?

屋内消火栓スプリンクラー自動火災報知設備

以上の設備が、建物に設置義務があるにも関わらず、設置されていない場合です。

公表の内容は?

建物の名称

建物の所在地

違反の内容(例:自動火災報知設備未設置)

違反対象物一覧

現在は公表前なので、公表中の違反対象物はありません。

※建物関係者の皆様へ

 所有・管理建物で用途変更(部分的な用途変更も含む)、増改築、建物間の接続などにより知らない間に消防法令違反となってしまう場合があります。

 変更や工事を行う際には、必ず消防署への事前相談をお願いします。後に発覚し設置が認められない場合は、公表の対象となります。

事業所関係者の皆様!消防法令違反していませんか?(リーフレット) [PDFファイル/269KB]


AdobeReaderPDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Reader(無償配布)が必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、ダウンロードしてご覧ください。