選択された部分を音声で聴くには JavaScript が必要です
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
#

草木の出し方

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年11月25日更新

草木の処分方法は4つあります。

 1. 処理施設に直接搬入する

 2. 燃やすごみ集積場(ステーション)に出す

 3. 許可を受けている民間の収集運搬業者に依頼する

 4. 造園業者に草木の伐採と運搬を併せて依頼する   ※蒲郡市外の造園業者に依頼する場合は委任状が必要です

1.処理施設に直接搬入する

 家庭生活から発生したものか、または、どのような事業活動から発生したものかの排出元の違い、種類、長さ、太さ、重さによって受取ができなかったり、搬入する場所が変わりますので注意してください。下記の5種類に分類される草木はそれぞれ搬入先がことなります。

ア. 家庭生活に伴って生じた草・剪定枝

イ. 家庭の個人が自ら生活用の工作物を新築・改築・除去して生じた成型木材

ウ. 事業活動に伴って生じた草木のうち産業廃棄物に該当しないもの

エ. 事業活動に伴って生じた木のうち産業廃棄物に該当するもの

オ. 産業廃棄物に該当する木のうち蒲郡市有処理施設で予約受入可能な一部の品目

草木が一般廃棄物と産業廃棄物のどちらに該当するか分からない場合

  →草木が一般廃棄物と産業廃棄物のどちらに該当するか見分けるポイント

草木を直接搬入する手段がない場合

  直接搬入するための車両がない場合、粗大ごみ等運搬用軽トラックの無料貸出をしています。

  上記の5種類の草木のうち、に該当する草木を蒲郡市有の一般廃棄物処理施設(クリーンセンター 一色処分場)へ搬入する際に借りることができます。イ ウ エ オに該当する草木を運ぶために借りることはできません。

  →「粗大ごみ等運搬用軽トラックの貸出」 のページへ

に該当する草木を蒲郡市長が許可する一般廃棄物収集運搬業許可業者に収集を依頼することもできます。(有料)

  →一般廃棄物収集運搬業許可業者一覧表

ア.家庭生活に伴って生じた草・剪定枝

 家庭生活に伴って生じた草・剪定枝は家庭系一般廃棄物に該当します。

 一般廃棄物は発生場所の市町村で処理することが原則ですので、蒲郡市内で発生した草・剪定枝は蒲郡市有の一般廃棄物処理施設、または蒲郡市長より許可を受けている民間業者である一般廃棄物処分業許可業者の処理施設に搬入してください。

 一般廃棄物は発生した市町村で処理することが原則ですので、蒲郡市外で発生した一般廃棄物を越境して搬入することはできません。

 搬入できる施設

  蒲郡市では草木の発生元、種類、長さ、太さ、重さによってどの処理施設に搬入できるか変わりますので、事前に「蒲郡市有処理施設の草木直接搬入基準」を確認して、搬入先を間違えないようにしてください。

  なお、一般廃棄物処分業許可業者の処理施設の搬入基準は蒲郡市有処理施設の搬入基準とはことなりますので各業者に直接お問い合わせください。

  ・ 蒲郡市有の一般廃棄物処理施設(クリーンセンター 一色処分場

  ・ 蒲郡市長より一般廃棄物処分業許可を受けている業者の処理施設

 搬入基準

  ・ 蒲郡市有の一般廃棄物処理施設(クリーンセンター 一色処分場

    →蒲郡市有処理施設の草木直接搬入基準を参照してください。

  ・ 蒲郡市長より一般廃棄物処分業許可を受けている業者の処理施設

    →各業者によってことなります。蒲郡市一般廃棄物処分業許可業者一覧から各業者を探し、直接お問い合わせください。

 搬入できる日時

  ・ 蒲郡市有の一般廃棄物処理施設(クリーンセンター 一色処分場

    →平日および祝日の月曜日から金曜日の午前9時から午前12時 午後1時から午後16時30分

      土曜日、日曜日は草木の受入はお休みです

      年末年始は受入可能な曜日が変更される可能性があります

  ・ 蒲郡市長より一般廃棄物処分業許可を受けている業者の処理施設

    →各業者によってことなります。蒲郡市一般廃棄物処分業許可業者一覧から各業者を探し、直接お問い合わせください。

 処理手数料

  ・ 蒲郡市有の一般廃棄物処理施設(クリーンセンター 一色処分場

    →家庭系一般廃棄物の処理手数料

  ・ 蒲郡市長より一般廃棄物処分業許可を受けている業者の処理施設

    →各業者によってことなります。蒲郡市一般廃棄物処分業許可業者一覧から各業者を探し、直接お問い合わせください。

家庭の個人が自ら生活用の工作物を新築・改築・除去して生じた成型木材

 家庭の個人(業者ではない)が自ら生活用の工作物の新築、改築または除去をして発生した成型木材は、分類上は家庭系一般廃棄物に該当しますが、草や剪定枝とはことなり蒲郡市の処理施設の処理能力の問題上、1日1回50kgまでしか受入していませんので、それ以上の量を1度にまとめて搬入したい場合は、一般廃棄物処分業許可業者の処理施設に搬入してください。(搬入基準や処理手数料は市有の処理施設とはことなります)

 搬入できる施設

  ・1日1回50kg以下

   →クリーンセンターに搬入できます

  ・1日1回50kg以上

   →蒲郡市長が許可している蒲郡市内の一般廃棄物処分業許可業者の施設に搬入できます

    各業者によって搬入基準がことなります。蒲郡市一般廃棄物処分業許可業者一覧から各業者を探し、直接お問い合わせください。

 搬入基準

  ・クリーンセンター

   →蒲郡市有処理施設の草木直接搬入基準を参照してください。

  ・一般廃棄物処分業許可業者の処理施設

   →各業者によってことなりますので、一般廃棄物処分業許可業者に直接お問い合わせください。

 搬入できる日時

  ・クリーンセンター

   →平日および祝日の月曜日から金曜日の午前9時から午前12時 午後1時から午後16時30分

     土曜日はお休み、日曜日は長さ30cm以上の成型木材のみ粗大ごみ扱いとして受入できます

     ただし、日曜日は草・剪定枝・長さ30cm以下の成型木材は燃やすごみ扱いとなるため受入できませんので注意してください

     年末年始は受入可能な曜日が変更される可能性があります。

  ・一般廃棄物処分業許可業者の処理施設

   →各業者によってことなりますので、一般廃棄物処分業許可業者に直接お問い合わせください。

 処理手数料

  クリーンセンター

   →家庭系一般廃棄物の処理手数料

  ・一般廃棄物処分業許可業者の処理施設

   →各業者によってことなりますので、一般廃棄物処分業許可業者に直接お問い合わせください。

ウ.事業活動に伴って生じた草木のうち産業廃棄物に該当しないもの

 事業活動に伴って生じた草木のうち産業廃棄物に該当するもの以外は事業系一般廃棄物に該当します。 

一般廃棄物は発生場所の市町村で処理することが原則ですので、蒲郡市内で発生した草木のうち、一般廃棄物に分類されるものは蒲郡市有の一般廃棄物処理施設、または蒲郡市長より許可を受けている民間業者である一般廃棄物処分業許可業者の処理施設に搬入してください。

 一般廃棄物は発生した市町村で処理することが原則ですので、蒲郡市外で発生した一般廃棄物を越境して搬入することはできません。

 搬入できる施設

  蒲郡市では草木の発生元、種類、長さ、太さ、重さによってどの処理施設に搬入できるか変わりますので、事前に「蒲郡市有処理施設の草木直接搬入基準」を確認して、搬入先を間違えないようにしてください。

  なお、一般廃棄物処分業許可業者の処理施設の搬入基準は蒲郡市有処理施設の搬入基準とはことなりますので各業者に直接お問い合わせください。

  ・ 蒲郡市有の一般廃棄物処理施設(クリーンセンター 一色処分場

  ・ 蒲郡市長より一般廃棄物処分業許可を受けている業者の処理施設

 搬入基準

  ・ 蒲郡市有の一般廃棄物処理施設(クリーンセンター 一色処分場

    →蒲郡市有処理施設の草木直接搬入基準を参照してください。

  ・ 蒲郡市長より一般廃棄物処分業許可を受けている業者の処理施設

    →各業者によってことなります。蒲郡市一般廃棄物処分業許可業者一覧から各業者を探し、直接お問い合わせください。

 搬入できる日時

  ・ 蒲郡市有の一般廃棄物処理施設(クリーンセンター 一色処分場

    →平日および祝日の月曜日から金曜日の午前9時から午前12時 午後1時から午後16時30分

      土曜日、日曜日は草木の受入はお休みです

      年末年始は受入可能な曜日が変更される可能性があります。

  ・ 蒲郡市長より一般廃棄物処分業許可を受けている業者の処理施設

    →各業者によってことなります。蒲郡市一般廃棄物処分業許可業者一覧から各業者を探し、直接お問い合わせください。

 処理手数料

  ・ 蒲郡市有の一般廃棄物処理施設(クリーンセンター 一色処分場

    →事業系一般廃棄物の処理手数料

  ・ 蒲郡市長より一般廃棄物処分業許可を受けている業者の処理施設

    →各業者によってことなります。蒲郡市一般廃棄物処分業許可業者一覧から各業者を探し、直接お問い合わせください。

事業活動に伴って生じた木のうち産業廃棄物に該当するもの

 建設業の工作物の新築、改築又は除去に伴って発生した木くず(樹木含む)、木材又は木製品の製造業、パルプ製造業、輸入木材の卸売り業及び物品賃貸業に係るもの、貨物の流通のために使用した木製パレット(パレットへの貨物の積み付けのために使用したこん包用の木材含む)、ポリ塩化ビフェニル(PCB)がしみこんだ木くずは産業廃棄物に該当しますので、一般廃棄物処理施設であるクリーンセンターや一色処分場では受入できません。

 搬入できる施設

  産業廃棄物を処理できるのは愛知県知事より産業廃棄物処分業の許可を受けた業者の処理施設です。愛知県が許可を出している産業廃棄物処理業者を検索できる愛知県のホームページで「木くず」を処理できる業者を探して処理依頼してください。

  また、「木くず」の産業廃棄物収集運搬業許可を受けている業者に産業廃棄物処理施設への収集運搬を依頼することもできます。

  →あいちの環境 許可業者・登録業者の検索

 搬入基準

  →各業者によって異なりますので、各産業廃棄物処理業者に直接お問い合わせください。

 搬入できる日時

  →各業者によって異なりますので、各産業廃棄物処理業者に直接お問い合わせください。

 処理手数料

  →各業者によって異なりますので、各産業廃棄物処理業者に直接お問い合わせください。

産業廃棄物に該当する木のうち蒲郡市有処理施設で予約受入可能な一部の品目

 産業廃棄物は通常民間の産業廃棄物処理施設で処分していただくため、一般廃棄物処理施設であるクリーンセンターや一色処分場では原則としては受入できませんが、【事業者からのかんなくずの類】については条件付きの登録予約制でクリーンセンターに搬入できます。

  →登録予約制で受入可能な産業廃棄物について

蒲郡市有廃棄物処理施設の草木直接搬入基準

 草木の種類、長さ、太さによって受取ができなかったり、搬入場所が変わりますので注意してください。

 基準表を参考に長さや種類ごとにあらかじめ分別し、搬入場所を確認して持ち込んでください。長さや種類が違うものが分別されずに混載されていると受入ができなかったり、複数の施設を何度も往復していただくことになってしまいます。

 蒲郡市有の処理施設内で分別作業をするための場所の提供や道具の貸出は行っておりません。

なお、一色処分場では破砕機の処理能力の関係上、事業者からの草・剪定枝は1事業者1日あたり2トン車2車までの搬入制限を設けています。事業者の方が多量の草・剪定枝を搬入する際は事前に環境清掃課にお問い合わせください。

 基準表の印刷はこちら蒲郡市有処理施設の草木搬入基準表 [PDFファイル/153KB]

 一色処分場への持ち込み基準の図解一色処分場への剪定枝持込みについて [PDFファイル/306KB]

形状搬入できる場所

長さ 30cm以下

土が付いていない状態

クリーンセンター

可燃ごみピット

長さ 30cm超 - 150cm以下

土や根が付いていない状態

一色処分場

長さ 150cm超

土や根が付いている状態

蒲郡市有の処理施設では受入不可

つる

形状搬入でき場所

 長さ 30cm以下

土が付いていない状態

クリーンセンター

可燃ごみピット

 長さ 30cm超 - 150cm以下

土や根が付いていない状態

一色処分場

 長さ 150cm超

土や根が付いている状態

蒲郡市有の処理施設では受入不可

樹木(剪定枝) ※土や根は取り除いた状態にしてください

形状搬入できる場所

長さ 30cm以下

太さ 5cm以下

クリーンセンター

可燃ごみピット

長さ 30cm超 - 150cm以下

太さ 5cm超  - 15cm以下

詳細については上記の「一色処分場への剪定枝持込みについて」を参照

一色処分場

長さ 150cm超

太さ 15cm超

蒲郡市市有の処理施設では受入不可

シュロの木 ※土や根は取り除いた状態にしてください

形状搬入できる場所

長さ 30cm以下

太さ 5cm以下

クリーンセンター

可燃ごみピット

長さ 30cm超 - 150cm以下

太さ 5cm超 - 15cm以下

外皮を取り除いた状態にしたもの

一色処分場

長さ 150cm超

太さ 15cm超 外皮が付いているもの

蒲郡市有処理施設では受入不可

竹 ※竹でできたほうき、竹刀などはクリーンセンターの粗大ごみピットで受入します

形状搬入できる場所

長さ 30cm以下

太さ 5cm以下

太さが5cm超でも2分割か4分割したものは長さ30cm以下なら受入可能

クリーンセンター

可燃ごみピット

長さ、太さが上記の基準を超えるもの・竹の根

蒲郡市有処理施設では受入不可

 

成型木材
形状搬入できる場所

長さ 30cm以下

太さ  5cm以下

重さ  1日1回50kg以下 (搬入する木材の合計重量)

クリーンセンター

可燃ごみピット

長さ 30cm超 - 180cm以下

太さ  5cm超 - 15cm以下

重さ  1日1回50kg以下(搬入する木材の合計重量)

クリーンセンター

粗大ごみピット

長さ、太さ、重さ、量が上記の基準を超えるもの

蒲郡市有処理施設では受入不可

2.地域の燃えるごみ集積場(ステーション)に草・剪定枝を出す場合

 地域の自治会(総代・常会)が管理している燃やすごみ集積場に草や木(剪定枝)を出すには以下の条件を全て守っていただかないと違反物となるため収集されません。

 1.家庭生活に伴って生じる草・剪定枝であること

   (事業活動に伴って生じた草・剪定枝は全て事業ごみになりますので、ごみ集積場にはだせません 農地として登録されている場所から生じた草・剪定枝は、販売の有無に関わらず、農業から生じた草・剪定枝ですので事業ごみになりますので、 ごみ集積場には出せません なお、農地として登録していない場所での家庭菜園から生じた草・剪定枝は家庭ごみなのでごみ集積場にだすことができます)

 2.1つの燃やすごみ集積場につき、利用者全員分の草・剪定枝が合計10袋を超えないこと 集積場利用者の皆さまで量の調整をお願いします 燃やすごみ集積場に出されている草や剪定枝の入った袋が合計10袋を超えそうな場合は、草や剪定枝を出す日をずらして小出しにするなどの対応をお願いします

 3.草や剪定枝は蒲郡市指定の黄色半透明袋に入れること

   (燃やすごみ用の黄色半透明袋は蒲郡市内のスーパーなどで販売しています)

 4.長さ30cm以内 太さ5cm以内であること

 5.土がはらってある草・剪定枝であること

 6.木の根ではないこと

   (木の根の部分は硬くて処理できません)

 7.自らが属する地域の自治会(総代・常会)が管理している燃やすごみ集積場に出すこと

   (別の常会・総代区が管理している別地区の集積場に出すことは大変な迷惑になります)

   →総代区・常会とは

 上記の条件を全て守っていただかないと、収集できない違反物が集積場にあふれて周辺住民の迷惑になったり、焼却炉の機械に絡んで停止してしまったり、収集時間の遅れが発生してしまいます。

 多量の草・剪定枝が発生する際は処理施設への直接搬入をしていただけるようお願いします。

   →処理施設への直接搬入の仕方

 草・剪定枝の収集日時

  草・剪定枝も燃やすごみの一種ですので、他の燃やすごみと同じです。

   →燃やすごみの収集日時

3.許可を受けている民間業者に収集を依頼する

 許可を受けていない業者にごみの収集運搬を依頼することは違法です。

 収集を依頼する草木が一般廃棄物と産業廃棄物のどちらに該当するかで依頼先が変わります。

草木が一般廃棄物と産業廃棄物のどちらに該当するか分からない場合

  →草木が一般廃棄物と産業廃棄物のどちらに該当するか見分けるポイント

一般廃棄物に該当する草木の場合

 建設業の工作物の新築、改築、除去に伴って生じた草木以外の草木

 主に維持管理のための剪定によって生じた草木が一般廃棄物に該当します。

 蒲郡市内で生じた一般廃棄物の収集運搬は一般廃棄物収集運搬業許可業者が行うことができます。

 蒲郡市長より蒲郡市内で生じた一般廃棄物の収集運搬許可を受けている業者の一覧表から依頼する業者を探してください。

  →蒲郡市一般廃棄物収集運搬業許可業者一覧表

許可業者の収集運搬料金

 各業者によってことなりますので、直接各業者にお問い合わせください。

産業廃棄物に該当する草木の場合

 建設業の工作物の新築、改築、除去に伴って生じた草木

 業者に依頼して工作物の新築や改築、除去を行い、それに伴って生じたものは全て該当します。

 産業廃棄物の収集運搬は、県知事より許可を受けた産業廃棄物収集運搬業許可業者が行うことができます。

 愛知県のホームページより産業廃棄物収集運搬業の許可をもつ業者を探してください。

  →あいちの環境 許可業者・登録業者の検索

4.造園業者に草木の伐採と運搬を併せて依頼する

ア. 家庭生活に伴って生じた草木 (家庭系一般廃棄物)

イ. 事業活動に伴って生じた草木のうち産業廃棄物に該当するものを除いたもの (事業系一般廃棄物)

ウ. 事業活動に伴って生じた木のうち産業廃棄物に該当するもの (産業廃棄物)

草木が一般廃棄物と産業廃棄物のどちらに該当するか分からない場合

  →草木が一般廃棄物と産業廃棄物のどちらに該当するか見分けるポイント

蒲郡市外に所在地がある造園業者に草木の伐採と運搬を依頼する場合

委任状を事前にクリーンセンター事務所(環境清掃課)に提出しておかないと、蒲郡市有の一般廃棄物処理施設に搬入することができません。

  →委任状の様式

ア. 家庭生活に伴って生じた草木

家庭生活に伴って生じた草木は家庭系一般廃棄物に該当します。

家庭系一般廃棄物に該当する草木は、伐採と運搬を造園業者に委託することができます。

蒲郡市内に所在地がある造園業者に草木の伐採と運搬を併せて依頼した場合は、伐採した場所が蒲郡市内であれば、伐採と運搬を委託された造園業者はその草木を蒲郡市有の一般廃棄物処理施設(クリーンセンター 一色処分場)や一般廃棄物処分業許可業者の一般廃棄物処理施設に搬入することができます。

ただし、蒲郡市外に所在地がある造園業者に草木の伐採と運搬を依頼する場合は、委任状を事前にクリーンセンター事務所(環境清掃課)に提出しておかないと、蒲郡市有の一般廃棄物処理施設に搬入することができません。

  →委任状の様式

なお、伐採と運搬の両方を同一の業者に委託しなければ造園業と見なされません。草木の運搬だけを請け負うことは造園業ではなく一般廃棄物収集運搬業に該当するため、草木の運搬のみを委託する場合は一般廃棄物収集運搬業の許可を持つ業者である必要があります。

 造園業者が搬入できる施設

  蒲郡市では草木の発生元、種類、長さ、太さ、重さによってどの処理施設に搬入できるか変わりますので、造園業者は事前に「蒲郡市有処理施設の草木直接搬入基準」を確認して、搬入先を間違えないようにしてください。

  なお、一般廃棄物処分業許可業者の処理施設の搬入基準は蒲郡市有処理施設の搬入基準とはことなりますので各業者に直接お問い合わせください。

  ・ 蒲郡市有の一般廃棄物処理施設(クリーンセンター 一色処分場

  ・ 蒲郡市長より一般廃棄物処分業許可を受けている業者の処理施設

 造園業者の搬入基準

  ・ 蒲郡市有の一般廃棄物処理施設(クリーンセンター 一色処分場

    →蒲郡市有処理施設の草木直接搬入基準を参照してください。

  ・ 蒲郡市長より一般廃棄物処分業許可を受けている業者の処理施設

    →各業者によってことなります。蒲郡市一般廃棄物処分業許可業者一覧から各業者を探し、直接お問い合わせください。

 造園業者が搬入できる日時

  ・ 蒲郡市有の一般廃棄物処理施設(クリーンセンター 一色処分場

    →平日および祝日の月曜日から金曜日の9時00分-16時30分です。

      土曜日、日曜日はお休みです。

      年末年始は受入可能な曜日が変更される可能性があります。

  ・ 蒲郡市長より一般廃棄物処分業許可を受けている民間業者の処理施設

    →各業者によってことなります。蒲郡市一般廃棄物処分業許可業者一覧から各業者を探し、直接お問い合わせください。

 造園業者が支払う処理手数料

  ・ 蒲郡市有の一般廃棄物処理施設(クリーンセンター 一色処分場

    →事業系一般廃棄物の処理手数料 

     (事業者が家庭系一般廃棄物を委託されて搬入する際は事業系一般廃棄物の処理手数料となります)

  ・ 蒲郡市長より一般廃棄物処分業許可を受けている業者の処理施設

    →各業者によってことなります。蒲郡市一般廃棄物処分業許可業者一覧から各業者を探し、直接お問い合わせください。

イ. 事業活動に伴って生じた草木のうち産業廃棄物に該当するものを除いたもの

事業活動に伴って生じた草木のうち産業廃棄物に該当するものを除いたものは事業系一般廃棄物に該当します。

事業系一般廃棄物に該当する草木は、伐採と運搬を造園業者に委託することができます。

蒲郡市内に所在地がある造園業者に草木の伐採と運搬を併せて依頼した場合は、伐採した場所が蒲郡市内であれば、伐採と運搬を委託された造園業者はその草木を造園業に伴って生じた事業系一般廃棄物として蒲郡市有の一般廃棄物処理施設(クリーンセンター 一色処分場)や一般廃棄物処分業許可業者の一般廃棄物処理施設に運搬することができます。

ただし、蒲郡市外に所在地がある造園業者に草木の伐採と運搬を依頼する場合は、委任状を事前にクリーンセンター事務所(環境清掃課)に提出しておかないと、蒲郡市有の一般廃棄物処理施設に搬入することができません。

  →委任状の様式

なお、伐採と運搬の両方を同一の業者に委託しなければ造園業と見なされません。草木の運搬だけを請け負うことは造園業ではなく一般廃棄物収集運搬業に該当するため、草木の運搬のみを委託する場合は一般廃棄物収集運搬業の許可を持つ業者である必要があります。

 造園業者が搬入できる施設

 蒲郡市では草木の発生元、種類、長さ、太さ、重さによってどの処理施設に搬入できるか変わりますので、事前に「蒲郡市有処理施設の草木直接搬入基準」を確認して、搬入先を間違えないようにしてください。

 なお、一般廃棄物処分業許可業者の処理施設の搬入基準は蒲郡市有処理施設の搬入基準とはことなりますので各業者に直接お問い合わせください。

  ・ 蒲郡市有の一般廃棄物処理施設(クリーンセンター 一色処分場

  ・ 蒲郡市長より一般廃棄物処分業許可を受けている業者の処理施設

 造園業者の搬入基準

  ・ 蒲郡市有の一般廃棄物処理施設(クリーンセンター 一色処分場

    →蒲郡市有処理施設の草木直接搬入基準を参照してください。

  ・ 蒲郡市長より一般廃棄物処分業許可を受けている業者の処理施設

    →各業者によってことなります。蒲郡市一般廃棄物処分業許可業者一覧から各業者を探し、直接お問い合わせください。

 造園業者が搬入できる日時

  ・ 蒲郡市有の一般廃棄物処理施設(クリーンセンター 一色処分場

    →平日および祝日の月曜日から金曜日の9時00分-16時30分です。

      土曜日はお休み、日曜日は草木含む燃やすごみは搬入できません。

      年末年始は受入可能な曜日が変更される可能性があります。

  ・ 蒲郡市長より一般廃棄物処分業許可を受けている民間業者の処理施設

    →各業者によってことなります。蒲郡市一般廃棄物処分業許可業者一覧から各業者を探し、直接お問い合わせください。

 造園業者が支払う処理手数料

  ・ 蒲郡市有の一般廃棄物処理施設(クリーンセンター 一色処分場

    →事業系一般廃棄物の処理手数料

  ・ 蒲郡市長より一般廃棄物処分業許可を受けている業者の処理施設

    →各業者によってことなります。蒲郡市一般廃棄物処分業許可業者一覧から各業者を探し、直接お問い合わせください。

ウ. 事業活動に伴って生じた木のうち産業廃棄物に該当するもの

 建設業の工作物の新築、改築又は除去に伴って発生した木くず、木材又は木製品の製造業、パルプ製造業、輸入木材の卸売り業及び物品賃貸業に係るもの、貨物の流通のために使用した木製パレット(パレットへの貨物の積み付けのために使用したこん包用の木材含む)、ポリ塩化ビフェニル(PCB)がしみこんだ木くずは産業廃棄物に該当しますので、一般廃棄物処理施設であるクリーンセンターや一色処分場では受入できません。

  →産業廃棄物の処理方法

 造園業者が搬入できる施設

  産業廃棄物を処理できるのは愛知県知事より産業廃棄物処分業の許可を受けた業者の処理施設です。愛知県が許可を出している産業廃棄物処理業者を検索できる愛知県のホームページで「木くず」を処理できる業者を探して処理してください。

  →あいちの環境 許可業者・登録業者の検索

 造園業者の搬入基準

  →各業者によって異なりますので、各産業廃棄物処理業者に直接お問い合わせください。

 造園業者の搬入できる日時

  →各業者によって異なりますので、各産業廃棄物処理業者に直接お問い合わせください。

 造園業者が支払う処理手数料

  →各業者によって異なりますので、各産業廃棄物処理業者に直接お問い合わせください。

草木が一般廃棄物と産業廃棄物のどちらに該当するか見分けるポイント

草に関しては維持管理に伴うものか、建設業の新築・改築・除去に伴うものかの判断が困難であるため、蒲郡市営の処理施設では草は全て一般廃棄物扱いで受入しています。

 木に関しては建設業の工作物の新築、改築又は除去に伴って発生した木くず(樹木含む)、木材又は木製品の製造業、パルプ製造業、輸入木材の卸売り業及び物品賃貸業に係るもの、貨物の流通のために使用した木製パレット(パレットへの貨物の積み付けのために使用したこん包用の木材含む)、ポリ塩化ビフェニル(PCB)がしみこんだ木くずは産業廃棄物に該当します。

維持管理に伴って生じた剪定枝は一般廃棄物です

庭園、公園、緑地の維持管理に伴って生じた剪定枝は一般廃棄物に該当するので蒲郡市有の一般廃棄物処理施設(クリーンセンター 一色処分場)か、民間業者が運営する一般廃棄物処分業許可業者の処理施設に搬入してください。

建設業の工作物の新築・改築・除去に伴う成型木材・伐採した樹木は産業廃棄物です

建設業の工作物の新築・改築・除去に伴う木くずは産業廃棄物に該当します、そのため、業者が工作物(建物など)を新築・改築・除去する際に伴って発生する成型木材や伐採した樹木、建設業者が造成、整地のために伐採した樹木は産業廃棄物に該当し、蒲郡市有の一般廃棄物処理施設では受入できません。

蒲郡市外の造園業者に伐採と蒲郡市有の処理施設への搬入を依頼する場合は委任状が必要です

蒲郡市外に所在地がある造園業者に蒲郡市内の草木の伐採と搬入を依頼する場合は、委任状をクリーンセンター事務所(環境清掃課)に事前に提出し、搬入時にその委任状の写しを提示しないと蒲郡市有の一般廃棄物処理施設で受入することはできません。(一般廃棄物処分業許可業者の一般廃棄物処理施設へ搬入する場合は不要です)

なお、委任状の代わりに発注書や契約書など、搬入する造園業者が蒲郡市内での伐採業務を請け負っており、その伐採業務から生じた草木であることを確認できる書類の提示でも結構です。

 蒲郡市外の造園業者への伐採及び搬入委任状

                   リンク先に申請書等様式があります

 委任状の使用方法

  搬入前に委任状に必要事項を記載してクリーンセンター事務所(環境清掃課)に提出し、その際に受付印を押した委任状の写しをもらい、その写しを搬入時に計量棟係員に提示してください。

  なお、複数の車両で持ち込む場合は、委任状の写しを自前でコピーし、搬入する全ての車両で提示できるようにしてください。


AdobeReaderPDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Reader(無償配布)が必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、ダウンロードしてご覧ください。