選択された部分を音声で聴くには JavaScript が必要です
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

蒲郡腎臓病ネットワーク

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年8月10日更新

蒲郡腎臓病ネットワークとは

  蒲郡市腎臓病ネットワークは、蒲郡市民のみなさまの腎臓病予防と早期発見、早期治療及び重症化予防を目的に取り組みを進めています。

実施における背景

 平成31年3月に厚生労働省が発表した、平成29年度の患者調査による糖尿病の治療で医療機関にかかっている総患者数は、推計で329万人と過去最高となり、国民健康栄養調査によると、糖尿病の患者とその予備群を合わせると1000万人とも推計されています。
 蒲郡市の国民健康保険被保険者の特定健診データでは、血糖値の高い人や糖尿病で治療、服薬している人は愛知県平均と比較して多く、人工透析者の人口1万対比での比較では、愛知県で第4位と上位に位置しています。

蒲郡市腎臓病ネットワーク協議会(令和元年8月8日設置)

慢性腎臓病 研修会(市民の方向け)
多職種連携会議・研修会

(外部サイト)蒲郡腎臓病ネットワーク(G-CKDネット)

(外部サイト)厚生労働省 糖尿病性腎症重症化予防パンフレット

(外部サイト)厚生労働省 腎疾患対策


AdobeReaderPDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Reader(無償配布)が必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、ダウンロードしてご覧ください。