選択された部分を音声で聴くには JavaScript が必要です
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
#

小型家電の出し方

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年10月1日更新

 平成26年10月1日より小型家電の回収をはじめました。今まで受入していなかったパソコンの受入もはじめます。

使用済小型家電ボックス回収開始のお知らせチラシ [PDFファイル/696KB]

どんなもの?

  • 通信機器(携帯電話、PHS、スマートフォン、タブレット、電話機、携帯型ラジオ)
  • 音響機器(携帯音楽プレーヤー、ヘッドホン、イヤホン、ラジカセ、ICレコーダー)
  • ゲーム機等(携帯ゲーム機、電動のおもちゃ)
  • 映像用機器(デジタルカメラ、ビデオカメラ、携帯映像プレーヤー)
  • パソコン関連(パソコン、ハードディスク、メモリー、キーボード、マウス)
  • その他(電子辞書、電卓、ヘアードライヤー、電気カミソリ、電子血圧計、電子体温計、懐中電灯、時計、リモコン)

小型家電

間違えやすいもの

出し方

30cmより小さい30cmより大きい
  1. 小型家電回収ボックスに入れる
  2. 資源回収日に出す(黄色いかごのこわすごみ)
  3. クリーンセンターに直接搬入する
  1. クリーンセンターに直接搬入する
  2. 粗大ごみ収集シールを購入して自宅に取りに来てもらう
  3. 一般廃棄物収集運搬業許可業者に自宅に取りに来てもらう

30cmより小さいもの

1.回収ボックスに入れる

市内5ヶ所に回収ボックスが設置されています。

回収ボックスの投入口(30cm×15cm)に入る小型家電を投入できます。

    1. アピタ蒲郡店 <港町>
    2. イオン蒲郡店 <竹谷町>
    3. 大塚公民館  <大塚町>
    4. 三谷公民館  <三谷町>
    5. 蒲郡市役所  <旭町>

回収ボックスに投入した小型家電を返却することはできませんので注意してください。
また説明書や箱などは回収ボックスに入れないでください。
回収ボックスは盗難防止のため、施錠式のものとなっています。
また、収集後も情報漏えいがないよう確実に処理を行います。

2.資源物回収日に出す(黄色いかごのこわすごみ)

各地域ごとに指定されている資源物回収日にこわすごみ(黄色いかご)として出すことができます。

ただし、30cm以内のものに限ります。30cmを超えるものは粗大ごみです。

3.クリーンセンターに直接搬入する

30cm以下の小型家電は「こわすごみ」として直接搬入できます。

30cmより大きいもの

1.クリーンセンターに直接搬入する

30cmを超える小型家電は「粗大ごみ」として直接搬入できます。

粗大ごみは回収ボックスや資源物回収日に出すことはできません。

2.粗大ごみ収集シールを購入して自宅に取りに来てもらう

30cmを超える小型家電は「粗大ごみ」として市の粗大ごみ委託収集制度を利用できます。

クリーンセンターに直接搬入できない場合は粗大ごみ収集シールを購入すれば自宅に取りに来てもらうことができます。

 粗大ごみ収集シールでの回収についての詳細

3.一般廃棄物収集運搬業許可業者に自宅に取りに来てもらう

市長が一般廃棄物の収集運搬を許可している民間の業者に、「粗大ごみ」として取りに来てもらうことができます。

各業者によって収集料金は異なりますので、直接各業者にお問い合わせください。

 蒲郡市の一般廃棄物収集運搬業許可業者の一覧

なお一覧表に掲載されていない無許可の業者・個人に業として一般廃棄物の収集運搬を依頼することは違法になり、無許可業者に依頼したものにも罰則がありますので注意してください。

回収にあたっての注意事項

  • 個人情報が含まれる場合は事前に消去してください
  • CD・DVDなどのディスク類は抜き取って、指定日に燃えるごみ集積場に出すか、クリーンセンターに直接搬入してください
  • 電池類は抜きとり、地区ごとの指定日に資源物集積場のオレンジ色かごに出すか、クリーンセンターに直接搬入してください
  • 事業者から排出される小型家電は産業廃棄物に分類されるため、対象外です

AdobeReaderPDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Reader(無償配布)が必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、ダウンロードしてご覧ください。