選択された部分を音声で聴くには JavaScript が必要です
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
#

燃やすごみの出し方

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年11月25日更新

ここに記載されている出し方は家庭ごみの出し方です。事業ごみは出し方がことなります。→事業ごみの分類と処理方法

どんなもの?

燃やすごみ

生ごみ、紙ごみ、汚れの取れない衣類・プラスチック製容器包装、布製品(くつ・かばん)、革製品、アルミホイル

ゴム製品(ホース、ボール)、プラスチック製品(タッパー、CD、テープ、使い捨てライター)

草木については別ページの詳細を確認してください

まちがえやすいもの

ふとん、座布団、マット→大型可燃ごみ

草木は燃やすごみですが、長さや太さなどの形状や、木の種類により搬入できなかったり、搬入場所できる場所が変わります→草木の出し方

出し方

3つの出し方があります。

  1.燃やすごみ集積場(ステーション)に出す

  2.蒲郡市市有の廃棄物処理施設に直接搬入する(一定量以上は有料)

  3.一般廃棄物収集運搬業許可業者に収集を依頼する(有料)

燃やすごみ集積場(ステーション)に出す

蒲郡市指定の黄色半透明の袋に入れて、収集日当日の朝6時から8時までに、常会(地域の自治会)が管理するステーションに出してください。なお、地域ごとにどのステーションに出せるかは決まっていますので、自分が属する常会の地区外のステーションには出さないでください。

なお、集合住宅にお住まいの方は集合住宅専用のステーションが設置されている場合は、そこに出してください。

→燃やすごみ・資源物集積場についての詳細

注意引越しや片付けなどで出た多量のごみは、ステーションにださないでください。多量のごみをステーションに出すと残されます。多量のごみについては、できる限り平日にクリーンセンターへ直接搬入してください。
クリーンセンターに直接搬入するときは、蒲郡市指定の袋でなくてもかまいません。

燃やすごみ集積場に可燃ごみを出す際の注意点

  • 必ず30cm以下に切断してください。
  • 生ごみは水をしっかり切ってください。
  • テープ類は、中のテープが出ないよう、1本ずつケースに入れて粘着テープで1周以上巻いてください。
  • 使い捨てライターは必ず使い切って、ガスを抜いてください。

収集日時

◎収集日の朝6時から8時にだしてください。  
◎市内東地区 →火・金曜日
◎市内西地区 →月・木曜日
※祝日も回収します。

地図

◇東地区・西地区の境界道路◇ 図参照
   ・JR蒲郡駅より南側
     アピタ蒲郡店と郵便局の間の県道370号線

   ・JR蒲郡駅より北側
     蒲郡駅北から「神明」信号を通り、「水竹町」信号に至るまでの南北に通る道路(勤労福祉会館西側の道)
     「水竹町」信号以北は北部小学校東側を通る道路を道なりに北へ行き上里へ至る道路

お願い

30cm以上の長さのまま出してしまうと焼却炉の機械に絡まって停止してしまいます。
必ず30cm以下の長さにしてから出してください。

 蒲郡市有の廃棄物処理施設に直接搬入する

燃やすごみはクリーンセンターに直接搬入することができます。ただし、草木については基準がことなるため注意してください。→家庭生活に伴って生じた草木の直接搬入

直接搬入時には免許証などのごみの発生場所が確認できるものの提示が必要です。

なお、直接搬入するための車両がない場合、軽トラック貸出制度を利用することもできます。

 搬入基準

 ・クリーンセンター

  ごみ出し便利帳のとおりです。

  クリーンセンターに直接搬入するときは、蒲郡市指定の黄色半透明袋でなくてもかまいません。

  ただし、燃やすごみの中身が分かる状態で、ごみが飛散しないようにしてください。

 搬入できる日時

 ・クリーンセンター

  平日および祝日の月曜日から金曜日の9時00分-16時30分です。

  土曜日はお休み、日曜日は燃やすごみは搬入できません。

  年末年始は受入可能な曜日の変更の可能性があります。

 処理手数料

 クリーンセンター

  →家庭系一般廃棄物の処理手数料

一般廃棄物収集運搬業許可業者に収集を依頼する(有料)

蒲郡市長が蒲郡市内で生じた一般廃棄物の収集運搬を許可している民間の業者がおり、その業者に収集運搬を有料で依頼することができます。

蒲郡市一般廃棄物収集運搬業許可業者一覧表

なお、許可を受けていない業者にごみの収集運搬を依頼することは違法です。

許可業者の収集運搬料金

 各業者によってことなりますので、直接各業者にお問い合わせください。