選択された部分を音声で聴くには JavaScript が必要です
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

蒲郡市議会憲章

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月11日更新

蒲郡市議会憲章について

 蒲郡市議会では、平成24年10月15日に積極的な議会改革への取り組みとして、議会基本条例制定等の研究や検討を行うことを目的に、第1回目の議会基本条例・憲章等検討協議会を開催しました。それ以降協議を続け、平成26年7月28日に蒲郡市議会は二元代表制の一翼を担う市民の代表機関であり、合議機関として市民に信頼される議会を目指すため、蒲郡市議会憲章を作成しました。

その後、議会運営委員会に報告があり、平成27年3月定例会において議員提案され、全会一致をもって議決されました。

蒲郡市議会憲章

 私たちは、日々心新たに、市民の負託に応え、市民と共に語り、

市民と共に動き、市民のしあわせと地域の発展を目指して行動する

ことを宣言する。

 

1 議員は、自らの使命と責任を自覚し、常に自己研さんして、市民の

  しあわせを実現するために行動していく。

 

2 議員は、市民の多彩な声を傾聴し、説明責任を尽くし、信頼関係

  を築いて市民の負託に応えていく。

 

3 議会は、行政の監視機関として、透明性の確保、自由闊達な議論

  及び政策立案機能の充実を図り、地域の発展を目指していく。

市の木 くすのき市の花 つつじ