選択された部分を音声で聴くには JavaScript が必要です
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
蒲郡市トップページ > 蒲郡市立図書館 > 市内小中学校の先生方へ

市内小中学校の先生方へ

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年5月18日更新

ぜひ、図書館を活用してください!

  学校図書館は、知の宝庫です。好きな本に出会える場所、様々な情報を与えてくれる場所、子どもたちの大切な心を育ててくれる場所です。子どもたちにとって一番身近な学校図書館が、より充実し、活用されることを心より願っています。
 そのために、図書館がお手伝いできることがありませんか? 各小中学校の学校図書館支援員と連携してお手伝いします。

授業で使用する資料をご用意します

  • 電話、もしくはご担当の先生のお名前・連絡先を明記の上、FAX・メールまたは学校図書館支援員を経由してご依頼下さい。申し込み用紙 [PDFファイル/120KB]
  • 資料の検索はトップページの「蔵書検索・予約」からできます。ご指定の資料を、貸出中の場合を除きご用意できます。また、テーマを指示していただき、その内容に合ったものをできる範囲でご用意することもできます。ただし、テーマによっては、十分な冊数をご用意できない場合がありますのでご了承ください。
  • 準備の都合上少なくとも5日前までにご連絡下さい。ご指定の日時までにご用意いたします。受け取りは、図書館本館または分室でも可能です。
  • 授業が済んだら、なるべく早く図書館本館または分室までご返却ください。分室開館案内はこちらへ
  • ビデオ、DVD(上映権付のものに限る)、大型絵本、紙芝居(防犯、食育、行事、伝記などもあります)もご利用いただけます。詳しくはお尋ね下さい。

 今までに借りられた資料の実例

 今までに市内小中学校に貸出した資料の例です。

  具体的に本のタイトルをお知りになりたい方は、図書館へお尋ねください。

利用教育(学校図書館の利用のしかた)

  • 学校図書館で守って欲しいマナーや本の取り扱い方、知っていると便利な分類についての話をパネルを使ってわかりやすく説明します。読み聞かせも行います。クラス単位、学年単位、どちらでも対応します。申し込みに記入しFAXいただくか、電話またはメールで内容をご連絡ください。申し込み用紙 [PDFファイル/4KB]

ブックトーク

  • 一つのテーマに沿って本を順序だてて紹介します。「子ども達に自分で読んでみたい」と思わせるのがねらいです。申し込みに記入しFAXいただくか、電話またはメールで内容をご連絡ください。準備の都合上、実施予定日の3週間前までにお申し込みください。申し込み用紙 [PDFファイル/4KB]

市立図書館児童室をクラス単位でご利用ください

  • 調べ学習などにご利用ください。1週間前までにご連絡いただければ結構です。
    申し込み用紙 [PDFファイル/4KB]
  • 席数は43人分です。図書館利用のルールを説明するお時間を頂きます。(騒がない、本をあった場所に返すなど 所要時間5分程度)
  • ご希望があれば、その場で図書館での本の調べ方など説明いたします。(所要時間約10分)

出前おはなし会

  • 図書館の職員やボランティアが、学校へ出向き「おはなし会」をします。内容は絵本の読み聞かせやお薦めの本の紹介などです。
  • 当日おはなし会で使用した本は、あらかじめ学校への貸出処理をしてお持ちします。おはなし会終了後もクラスでお楽しみください。貸出期間は1ヶ月です。本の返却は図書館または分室へお願いします。
  • ご希望の日時・場所・対象学年・所要時間・担当の先生のお名前・ご希望のテーマをお知らせください。
    申し込み用紙 [PDFファイル/4KB]

他にもこんなお手伝いを…

  • 図書館施設の見学を受入れています。事前にご連絡下さい。その際、説明等のご要望があれば対応いたします。
    申し込み用紙 [PDFファイル/4KB]
    中央小学校2年生の施設見学閉架書庫の見学
    (写真は2012年中央小学校2年生のみなさんの施設見学の様子です。)
  • 本の紹介をします。図書館で人気のある本を紹介いたします。選書などにお役立て下さい。

「郷土」に関するの調べ学習、宿題についてお願い

 調べ物の宿題で郷土のことについて(例えば蒲郡の歴史など)を出されることがあると思いますが、ご面倒でも事前に図書館へテーマや締め切り日などお知らせいただけると助かります。早い子から順番に本を貸し出して、後から来た子供が見る資料がない、ということがよくあります。事前に連絡を頂ければ、資料を準備しておくことが可能です。資料が少ない場合は、貸し出さずにその場で見てもらうという対応ができます。
 また、郷土資料は子供向けに書かれているものは非常に少なく、ほとんどが一般書となります。テーマによっては、調べられる資料があっても生徒が自力で読むには難しい場合もあります。その際、職員や保護者の方の手助けが必要となりますので、適切に対処できるよう事前にテーマをお知らせいただけるとありがたいです。

先生方、ぜひ、図書館を活用してください。

平成30年度も学校図書館支援事業を展開

 今年度は11名で取り組んでいます。市内小中学校の学校図書館支援事業の様子をご紹介します。

◆平成30年度の様子はこちらから
◆平成29年度の様子はこちらから
◆平成28年度の様子はこちらから
◆平成23年度の様子はこちらから


AdobeReaderPDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Reader(無償配布)が必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、ダウンロードしてご覧ください。