選択された部分を音声で聴くには JavaScript が必要です
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
#
蒲郡市トップページ > 下水道 > 下水道整備による水環境の回復

下水道整備による水環境の回復

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

蒲郡市公共下水道事業と西田川水辺環境


グラフ

昭和40年代の都市化の進展により西田川は、昭和48年にはBOD値が132mg/Lという汚れた川になっていましたが、昭和46年から西田川を含む蒲郡市公共下水道が着手され、昭和52年度に公共下水道が供用開始されると、それ以降は下水道の整備が進むにつれて河川水質は改善され、平成27年には1.1mg/Lまで改善されました。

(注)BODとは:生物化学的酸素要求量のことで水中の有機物が微生物によって酸化分解されるのに必要な酸素の量を表したもの。河川の有機汚濁指標として使用される。

《凱旋橋付近の風景》《記念橋上流の親水護岸》
a記念橋上流の親水護岸の写真
西田川は、蒲郡市と岡崎市・豊川市との行政界を源として三河湾に流れ込んでいます。水質調査地点のある凱旋橋は蒲郡市の中央部南に位置し、普段周辺の水深は浅く川底を見ることができます。

見てみりん!
がまごおり