ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
蒲郡市生命の海科学館 > 常設展 > 展示紹介 > アエンデ隕石 Allende CV3 chondrite

本文

アエンデ隕石 Allende CV3 chondrite

記事ID:0215972 更新日:2020年6月7日更新

アエンデ隕石

重さ:4.9kg

年代:46億年前

分類:コンドライト CV3

1969年に、メキシコのアエンデ村へ落下した隕石です。誕生したばかりの太陽系の中でできた石で、いろいろな形の細かい粒が集まってできており、中には太陽系最古の物質も発見されています。

ここに注目!

表面の大部分が黒くなめらかな殻のようなものにおおわれています。これは「溶融被膜(ようゆうひまく)」といい、隕石が大気圏を通り抜けるときに加熱され、表面が溶けてできたガラスの膜です。溶融被膜がはがれているところから、46億年前の太陽系でつくられた、さまざまな色や形をした粒を見ることができます。ぜひ観察してみてくださいね!

イメージ画像アエンデ隕石の薄片の透過顕微鏡写真です。