ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

上映作品

記事ID:0203441 更新日:2021年3月22日更新

ミュージアムシアターへ行こう生命の海科学館の展示室内にあるミュージアムシアターでは、現在
  ■  「皇帝ペンギン ペンギン家族の12か月」
  ■  「クジラが星に還る海」
を上映しています。

 

 上映スケジュールはこちら

 

※ゲーム「生命の海への旅立ち」につきましては、2020年8月3日をもちまして上映を終了いたしました。
※キャプテンカードにつきましては、9時30分~および16時30分~のシアター上映にて配布を継続しております。(キャプテンカード配布についての詳細は上記「上映スケジュール」よりご確認ください)

★新型コロナウイルス感染症拡大防止のための対応について★

シアター鑑賞の際には、上記リンクをご確認ください。

皇帝ペンギン ペンギン家族の12か月(約20分間)

皇帝ペンギン ペンギン家族の12か月

冬が訪れようとしている南極大陸。
ほとんどの生きものが暖かい気候を求めて移動する中、より寒い内陸への長い旅を始める者たちがいます。黄金色に胸を輝かせた皇帝ペンギン。目指すは彼らの生まれ故郷。南極の中で唯一、安心して子供を産み、育てられる場所なのです。100キロもの行進の末、パートナーを見つけ、やがて産卵。たった一つの卵を命をかけて大事に守るペンギン夫婦の感動的な姿と、生まれた赤ちゃんペンギンが巣立つまでの愛くるしい姿が南極の大自然を舞台にくり広げられます。世界でもっとも過酷な子育てをする鳥、皇帝ペンギンの家族の愛の物語。

©2013 PassmoreLab

 

 

クジラが星に還る海 (約25分間)

クジラが星に還る海~海で最も勇敢にいきたものは
海深くに星空を見るだろう~

クジラはその日が特別な一日になることを知っていた。
海の王と呼ばれた一頭のマッコウクジラ。
額に傷を持つ、他のクジラよりも大きい伝説のクジラだ。
彼は古い言い伝えを頼りに
海の中に広がるという星空を探す旅にでる。

クジラや多くの海の生物などが登場し、
幻想的な映像で描いた物語。

©公益財団法人 科学技術広報財団 [助成]日本財団