選択された部分を音声で聴くには JavaScript が必要です
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
蒲郡市トップページ > 蒲郡市博物館 > 蒲郡の名木50選 46 松島のマツ

蒲郡の名木50選 46 松島のマツ

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年3月1日更新

46 松島(まつしま)のマツ

松島のマツ 松島のマツ 遠景

安政元年(1854)の大地震、あるいは明治22年の水害で松島地蔵菩薩と繁茂していた多くのマツが流出してしまったといわれ、現在は石のお地蔵さんを中心にして、クロマツが3本生えているだけである。
海岸の風や波によって、根が露出し、強靭な生命力をうかがわせている。
倉舞港の堤防が昭和6年に完成した折に、松島は陸続きになった。
岩場なので、マツの成長は遅く、背は低い。マツ枯れの兆候が心配されている。

クロマツ(マツ科)
幹周1.00メートル(3本のうちの1本)
根回り2.30メートル(3本のうちの1本)
所在地西浦町大山地内
所有者蒲郡市
地図